Amazon、スマート食料品カート「Dash Cart」を小売業界に拡大、買い物革新へ

Amazon、スマート食料品カート「Dash Cart」を小売業界に拡大、買い物革新へ - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-04-19 17:34 by admin

Amazonは、スマート食料品カートを他の小売業者に販売し始めると発表した。この技術は、顧客が買い物をする際に商品をカートにスキャンし、チェックアウトの列をスキップできるようにすることで、買い物を迅速化する。カンザス州とミズーリ州にあるPrice ChopperMcKeever’s Marketの店舗で、このスマート食料品カートのテストが行われている。Dash Cart(ダッシュカート)は2020年にAmazonのFreshスーパーマーケットチェーンで導入され、その後、選択されたWhole Foods店舗にも追加された。これらのカートは、コンピュータビジョンとセンサーを組み合わせて、カート内の袋に入れられた商品を識別し、顧客が商品を追加または削除すると、カート上のディスプレイがリアルタイムで合計価格を調整する。

Amazonは以前、「Just Walk Out」技術を第三者小売業者に販売するために同様の戦略を採用していた。しかし、Amazonは自社の多くの食料品店からこの技術を撤回し、一部のFresh店舗と2つのWhole Foods店舗での使用を中止すると発表した。一方で、AmazonのGoコンビニエンスストアと英国の小規模なFresh店舗では引き続きこの技術を使用し、米国のFresh店舗ではDash Cartsを拡大する予定である。

Amazonは、「Just Walk Out」技術が、顧客が少数の商品を素早く取り、そのまま店を出ることができるようなカリキュラムが整った店舗の未来になると強く信じていると述べた。この技術は、店内のカメラとセンサーの配列を利用して、顧客がどの商品を取ったかを監視し、店を出る際に自動的に請求する。

ただし、Amazonは、人間のモデレーターが買い物客を監視しているという報告に対して、「不正確」と述べ、人間のスタッフがショッピングデータのラベリングと注釈を行っていることを認めた。同社は、レシートの生成はコンピュータビジョンアルゴリズムによって自動的に行われ、これは他のAIシステムと同様であると説明した。

【編集者のつぶやき】「Just Walk Out」から「Dash Cart」なにが違うの?

調べてみました。

Dash Cart

  • スマートショッピングカート
  • カートにセンサーとカメラを搭載し、入れた商品を自動で認識
  • カート上のディスプレイに合計金額がリアルタイム表示
  • レジに並ぶ必要がなく、そのままカートを持ち帰れる

Just Walk Out

  • レジ無しチェックアウト
  • 店内に配置されたカメラとセンサーで顧客と商品を追跡
  • 顧客が取った商品を自動で認識し、合計金額を計算
  • 店を出る際に自動で決済が完了

つまり、Dash Cartはカート自体が商品を認識するのに対し、Just Walk Outは店内の設備が顧客と商品を追跡する点が大きな違いです。

Dash Cartは従来の買い物カゴの進化形で、レジ待ちを無くし合計金額もリアルタイム表示されるので便利です。一方のJust Walk Outは、レジ自体がなく、店内の行動を追跡して自動決済するため、手荷物を持たずにスムーズに買い物できます。

両者とも、AIとセンサー技術を活用して買い物の利便性を高める反面、プライバシーへの配慮が課題となっています。Amazonは一部店舗でJust Walk Outを撤去する一方、Dash Cartの展開を進めるなど、戦略の違いも見られます。

【ニュース解説】

Amazonが、スマート食料品カート「Dash Cart」を他の小売業者に販売開始すると発表しました。この技術は、顧客が商品をカートに入れると自動でスキャンし、合計金額をリアルタイムで表示することで、チェックアウトの列をスキップして買い物時間を短縮できるように設計されています。このサービスは、カンザス州とミズーリ州のPrice ChopperとMcKeever’s Marketの店舗でテストされています。

Dash Cartは、コンピュータビジョンとセンサー技術を駆使して、カート内に入れられた商品を識別します。顧客が商品を追加または削除すると、カート上のディスプレイが即座に合計価格を更新します。この技術は、2020年にAmazonのFreshスーパーマーケットチェーンで導入され、その後、選択されたWhole Foods店舗にも展開されました。

Amazonは、以前にも「Just Walk Out」技術を第三者小売業者に販売しており、この技術は店内のカメラとセンサーを利用して顧客がどの商品を取ったかを監視し、店を出る際に自動的に請求するシステムです。しかし、Amazonは自社の一部食料品店からこの技術を撤回し、Dash Cartsの展開に注力する方針を示しています。

この動きは、小売業界における買い物体験の革新として注目されています。顧客にとっては、待ち時間の削減とショッピングの効率化が実現し、小売業者にとっては、労働コストの削減や顧客満足度の向上が期待できます。しかし、この技術の導入には、プライバシーの懸念やセキュリティ対策、さらには従業員の雇用への影響など、様々な課題も伴います。

また、Amazonが「Just Walk Out」技術に関して、人間のモデレーターが顧客を監視しているという報告を否定し、ショッピングデータのラベリングと注釈に人間のスタッフを使用していることを認めた点も、AI技術とプライバシー保護のバランスをどのように取るかという重要な議論を提起しています。

長期的に見ると、このような技術の普及は、小売業界におけるデジタルトランスフォーメーションを加速させ、よりパーソナライズされた買い物体験の提供や、運営効率の向上に寄与する可能性があります。しかし、その過程で、顧客データの取り扱いや労働市場への影響など、慎重に考慮すべき課題も多く存在します。

from Amazon starts selling smart grocery carts to other retailers.

SNSに投稿する

ホーム » IoTニュース » Amazon、スマート食料品カート「Dash Cart」を小売業界に拡大、買い物革新へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です