AIビデオ革新の先駆者、CaptionsがシリーズCで6000万ドル調達、企業価値5億ドルに達成

AIビデオ革新の先駆者、CaptionsがシリーズCで6000万ドル調達、企業価値5億ドルに達成 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 07:51 by admin

Captions、AIビデオスタートアップがシリーズCで6000万ドルを調達し、企業評価額が5億ドルに達した。

このスタートアップは、元MicrosoftエンジニアのGaurav Misraによって2021年に設立され、当初はカメラアプリとしてスタートし、ユーザーが直接カメラに話しかける「トーキングビデオ」の録画を可能にしていた。

過去1年間で、同社はAIに焦点を移し、ユーザーがアバターを使用してゼロからビデオを作成できるようになった

この資金調達ラウンドには、Index Venturesがリードし、Kleiner Perkins、Sequoia Capital、Andreessen Horowitzの既存投資家と、Adobe Ventures、HubSpot Ventures、俳優兼歌手のJared Letoなどの新規投資家が参加した。

Captionsは、この資金を使用してニューヨークのMLチームを拡大し、新たな生成AIイノベーションを発表し、AIビデオ分野のリーダーとしての地位を確立する予定である。

Captionsは、ユーザーが自ら話し、録画し、編集する必要があった従来のビデオ作成から、ブランドや個人が高品質なビデオを生成するために必要なすべてを提供する包括的なAI駆動のスイートへと進化した。

この変化を達成するために、同社は目の接触の修正、話者の言葉を別の言語にダビングする、人間のようなボイスオーバーを実行する、長いビデオから短いクリップを生成するなど、AI支援ツールを含む編集オファリングを拡大した。

これらの機能は数百万のユーザーをCaptionsに引き寄せたが、今年初めに生成AI駆動のAI CreatorとAI Edit機能を発表したことが真のマイルストーンとなった。

AI Creatorは、ユーザーがカスタム3Dアバターをビデオコンテンツに追加できるようにし、AI Editは、カスタムグラフィック、Bロール、トランジション、ズームを含むコンテンツを単一のタップで調整できるようにした。

これらの革新的な機能により、録画や編集の障壁によって制限されていた新しいクリエイター層が創造性を発揮できるようになった。

Captionsは、毎月1000万人以上のユーザーが300万以上のビデオを作成しているが、Misraはこれが同社にとっての始まりに過ぎないと述べている。

この資金調達ラウンドにより、スタートアップは機械学習チームを拡大し、ビデオプラットフォームのためのさらなるAI機能を発表するために、社内研究と技術インフラストラクチャへの投資を増やす予定である。

ニューヨーク市での生成ビデオ研究に1億ドルを投資する計画を共有し、ニューヨークがAI研究の中心地として台頭していると信じている。

Captionsは、アバターベースのビデオを生成する統合プラットフォームへと機能を強化することで、特定のプレイヤーと競合する強力な企業になる可能性がある。

これらの強化された機能により、特にソーシャルメディア管理、広告、コンテンツマーケティング、成長マーケティングに関わる企業にとって、Captionsはより価値のあるものになるだろう。

現在、Captionsのプラットフォームを使用している著名な名前には、Disneyが所有するスポーツネットワークESPN、Shark Tankの「Mr. Wonderful」Kevin O’Leary、Twitchの創設者Justin Kan、インフルエンサーのUnnecessary Inventionsが含まれる。

【編集者追記】用語解説

  • シリーズC資金調達
    ベンチャー企業の成長段階における3回目の大規模な資金調達ラウンドを指します。通常、事業が軌道に乗り、さらなる拡大を目指す段階で行われます。
  • 企業価値
    会社の総合的な価値を金銭的に評価したものです。株式市場に上場していない企業の場合、投資家との交渉で決定されることが多いです。

【参考リンク】
Captionsオフィシャルサイト(外部)

How to Add AI Generated Captions to your Videos!

【関連記事】

AIビデオに関する記事をinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

元MicrosoftエンジニアであるGaurav Misraが設立したAIビデオスタートアップ「Captions」が、シリーズCの資金調達ラウンドで6000万ドルを獲得し、企業の評価額が5億ドルに達しました。2021年にカメラアプリとしてスタートしたCaptionsは、ユーザーが直接カメラに話しかける「トーキングビデオ」の録画を可能にしていましたが、過去1年間でAIに焦点を移し、ユーザーがアバターを使用してゼロからビデオを作成できるようになりました。

この変化は、ビデオ作成のプロセスを根本から変えるものです。従来、ビデオを作成するには、ユーザー自身が話し、録画し、編集する必要がありましたが、CaptionsのAI技術により、これらのプロセスが大幅に簡略化されました。例えば、目の接触の修正、話者の言葉を別の言語にダビングする、人間のようなボイスオーバーを実行する、長いビデオから短いクリップを生成するなど、AI支援ツールを使用してビデオ編集が可能になります。

特に注目すべきは、AI CreatorとAI Editの機能です。AI Creatorでは、ユーザーがカスタム3Dアバターをビデオコンテンツに追加でき、AI Editでは、カスタムグラフィック、Bロール、トランジション、ズームを含むコンテンツを単一のタップで調整できます。これにより、録画や編集の障壁に直面していた多くのクリエイターが、新たな創造性を発揮できるようになりました。

この資金調達により、CaptionsはニューヨークのMLチームを拡大し、新たな生成AIイノベーションを発表することで、AIビデオ分野のリーダーとしての地位を確立する予定です。また、ニューヨーク市での生成ビデオ研究に1億ドルを投資する計画を発表し、AI研究の中心地としての地位を固めようとしています。

この技術の進化は、ビデオコンテンツの作成と配信の方法に革命をもたらす可能性があります。特に、ソーシャルメディア管理、広告、コンテンツマーケティング、成長マーケティングに携わる企業にとって、高品質なビデオコンテンツを迅速かつ効率的に生成する能力は、競争上の大きなアドバンテージとなるでしょう。

しかし、この技術の進展には潜在的なリスクも伴います。例えば、AIによるビデオ生成が普及することで、著作権やプライバシーの問題が生じる可能性があります。また、AIが生成するコンテンツの真実性や信頼性をどのように保証するか、という課題もあります。これらの問題に対処するためには、技術の発展と同時に、適切な規制やガイドラインの整備が求められます。

長期的には、CaptionsのようなAIビデオ技術は、教育、エンターテインメント、マーケティングなど、さまざまな分野でのコミュニケーションとクリエイティビティの向上に貢献する可能性があります。この技術がもたらすポジティブな影響を最大限に活用するためには、技術的な進歩と社会的な課題のバランスを取ることが重要です。

from Ex-Microsoft engineer’s AI video startup scores $60M from top VCs, Jared Leto.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » AI(人工知能) » AI(人工知能)ニュース » AIビデオ革新の先駆者、CaptionsがシリーズCで6000万ドル調達、企業価値5億ドルに達成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です