データセキュリティ大手Rubrik、NYSE上場へ向け動き出す

データセキュリティ大手Rubrik、NYSE上場へ向け動き出す - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 09:15 by admin

Rubrikはニューヨーク証券取引所に上場するための申請を行い、ティッカーシンボルは「RBRK」となる予定である。このデータセキュリティソフトウェアベンダーは、2021年末以降のIPO市場の停滞期間を経て、公開市場に向けて動き出した最新のベンチャー支援企業の一つである。Rubrikは、データのバックアップ用ハードウェアの販売からスタートし、その後クラウドへと進化し、現在はデータセキュリティリスクや不正なユーザー活動の検出、分析、対処を行うソフトウェアからの収益が大部分を占めている。競合にはDell、IBM、Veeam、Cohesityなどがある。

2023年1月末に終了した会計年度において、Rubrikの収益は約5%増の6億2790万ドルに上り、純損失は前年の2億7770万ドルから3億5420万ドルに拡大した。同社の収益の75%以上が販売およびマーケティング費用に充てられた。

RedditやAstera Labsなど、他の企業が公開市場にデビューしたことに続き、2年以上にわたるIPO市場の停滞期間の後、市場に活気が戻りつつある。2021年に記録的なIPO年を迎えた後、インフレの高騰と金利の上昇により、投資家はテクノロジー株やその他のリスク資産から手を引き、公開市場および民間市場でのテクノロジー投資が減少した。

Rubrikの共同創業者でありCEOのBipul Sinhaは、公開前のNutanixに投資した経験を持つ。Rubrikは2014年にSinha、Arvind Jain、Soham Mazumdar、Arvind Nithrakashyapによって設立された。RubrikはMicrosoftと提携し、今後最大10年間でMicrosoftのAzureパブリッククラウドに2億2000万ドルを支出することを約束している。Lightspeed Venture Partnersが最大の株主であり、24%の株式を保有している。次いでGreylock Partnersが12%、Sinhaが7.6%の株式を保有している。

Rubrikは、特定のパートナー、友人、家族メンバーにIPO株を提供する指向株式プログラムを実施する予定である。2023年1月時点で、Rubrikは3100人の従業員と6100のクライアントを有しており、最新の会計年度における収益の76%は3つのチャネルパートナー(Arrow Enterprise Computing Solutions、Exclusive Networks、Promark Technology)によってもたらされた。

【ニュース解説】

データセキュリティソフトウェアを提供するRubrikが、ニューヨーク証券取引所に上場するための申請を行いました。この動きは、2021年末以降のIPO市場の停滞期間を経て、公開市場に向けて動き出した最新のベンチャー支援企業の一つとして注目されています。Rubrikは、データのバックアップ用ハードウェアの販売から始まり、その後クラウドへの進化を遂げ、現在ではデータセキュリティリスクや不正なユーザー活動の検出、分析、対処を行うソフトウェアからの収益が大部分を占めています。

Rubrikの収益は前年比約5%増の6億2790万ドルに上がりましたが、純損失は前年の2億7770万ドルから3億5420万ドルに拡大しました。この収益の大部分は販売およびマーケティング費用に充てられています。

このニュースは、RedditやAstera Labsなど他の企業が公開市場にデビューしたことに続き、2年以上にわたるIPO市場の停滞期間の後、市場に活気が戻りつつあることを示しています。2021年に記録的なIPO年を迎えた後、インフレの高騰と金利の上昇により、投資家はテクノロジー株やその他のリスク資産から手を引き、公開市場および民間市場でのテクノロジー投資が減少しました。

Rubrikの上場は、データセキュリティ分野における技術の進化と、クラウドサービスへの移行が進む中で、企業のデータ保護に対する需要が高まっていることを反映しています。Rubrikのような企業が提供するソリューションは、企業が直面するデータ漏洩やサイバー攻撃のリスクを軽減し、データの安全性を高めることに貢献します。

しかし、Rubrikのような企業が公開市場に参入することは、競争の激化や市場の変動に直面する可能性もあります。また、高額な販売およびマーケティング費用が収益性に与える影響や、長期的な成長戦略の持続可能性についても、投資家や市場から注目されることでしょう。

RubrikのIPOは、テクノロジー業界におけるIPO市場の再活性化の兆しとして、またデータセキュリティ分野における技術革新の進展として、今後の動向が注目されます。このような動きは、他のベンチャー企業にとっても市場への参入の機会を示唆しており、テクノロジー業界全体にポジティブな影響を与える可能性があります。

from Rubrik files to go public as tech companies see thawing of IPO market.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » データセキュリティ大手Rubrik、NYSE上場へ向け動き出す

“データセキュリティ大手Rubrik、NYSE上場へ向け動き出す” への1件のコメント

  1. 鈴木 一郎のアバター
    鈴木 一郎

    Rubrikのニューヨーク証券取引所への上場申請とそれに伴う動向は、私にとっては新しい世界の話のようですね。私の若い頃には、こうした高度なテクノロジー企業はごくわずかで、IPOなんて言葉もあまり聞かなかったものです。しかし、この記事を読む限り、Rubrikのようなデータセキュリティソフトウェア企業が市場に新たに参入することは、今の時代において非常に重要な意味を持っているように感じます。

    データの安全性は、現代社会で非常に大きな課題となっており、私たち個人の生活においても、個人情報が漏洩しないようにすることは重要です。特に、私のような年配者でもインターネットバンキングやオンラインショッピングを利用する機会が増えているため、サイバーセキュリティの重要性はより一層感じています。

    Rubrikがクラウドサービスへ進化し、データセキュリティリスクや不正なユーザー活動の検出、分析、対処を行うソフトウェアからの収益を増やしている点は、企業が時代の変化に対応している良い例だと思います。企業がデータ漏洩やサイバー攻撃のリスクを軽減し、私たちのデータを守るために彼らのような専

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です