Palo Alto Networks、IBMのQRadarを買収しセキュリティ強化へ

Palo Alto Networks、IBMのQRadarを買収しセキュリティ強化へ - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-11 08:02 by admin

Palo Alto NetworksはIBMからQRadarクラウドソフトウェア資産を買収し、顧客を自社のセキュリティプラットフォームCortex Xsiamに移行する。この取引は、より多くのコンサルタントと顧客基盤へのアクセスをPalo Altoに提供する広範なパートナーシップの一環である。IBMは1000人以上のコンサルティング従業員をPalo Altoの製品について訓練する。

セキュリティソフトウェア業界では、人工知能によって引き起こされる攻撃の増加に備えて、企業間の統合が加速している。Palo AltoとIBMは数ヶ月間、より緊密に協力してきたが、両社はSIEMソフトウェアを販売しており、製品の重複があった。IBMは今後、Palo AltoのCortex XsiamおよびPrisma Sase 3.0製品バンドルを採用し、Palo AltoはIBMのWatsonx大言語モデルをCortex Xsiamに組み込む。

Palo AltoはCortex Xsiamを2年前に導入し、最新四半期には9000万ドル以上の予約を獲得している。Palo Altoの成長率はIBMを上回っており、今年の株価は6%上昇し、市場価値は1000億ドルを超えた。一方、IBMの株価は約5%上昇し、市場価値は1540億ドルに達している。

この取引は9月末までに完了する予定で、規制当局の承認などの条件を満たす必要がある。

【ニュース解説】

Palo Alto NetworksがIBMからQRadarクラウドソフトウェア資産を買収し、顧客を自社のセキュリティプラットフォームCortex Xsiamに移行するというニュースは、セキュリティソフトウェア業界における大きな動きの一つです。この取引は、Palo Alto Networksにより多くのコンサルタントと顧客基盤へのアクセスを提供し、IBMはPalo Altoの製品を内部で採用し、1000人以上のコンサルティング従業員を訓練するというものです。

この取引の背景には、人工知能によって引き起こされるセキュリティ攻撃の増加に対応するため、セキュリティソフトウェア業界における企業間の統合が加速しているという状況があります。Palo AltoとIBMは製品の重複があるにも関わらず、数ヶ月間緊密に協力してきました。この取引により、Palo AltoはIBMのWatsonx大言語モデルをCortex Xsiamに組み込むことができ、IBMはPalo Altoの最新のセキュリティソリューションを採用することになります。

このニュースが示すように、セキュリティソフトウェア業界では、新たな技術の導入や企業間のパートナーシップによって、より高度なセキュリティ対策を提供しようとする動きが活発になっています。Palo AltoのCortex Xsiamは、導入からわずか2年で急速に採用が進み、市場シェアを拡大しています。このような動きは、企業や組織が直面するセキュリティリスクに対応するための新しいアプローチを示しており、業界全体の成長と進化に寄与しています。

しかし、このような統合や技術の導入には、顧客データの安全性やプライバシーの保護といった課題も伴います。また、規制当局の承認が必要な場合もあり、取引の完了にはさまざまな条件を満たす必要があります。長期的には、このようなパートナーシップや技術の統合が、より効果的なセキュリティ対策の普及につながり、サイバー攻撃に対する企業のレジリエンスを高めることが期待されます。

この取引は、セキュリティソフトウェア業界における競争とイノベーションの促進に寄与するとともに、Palo Alto NetworksとIBMの両社にとって、それぞれの強みを活かした新たなビジネス機会を創出することになるでしょう。

from Palo Alto Networks is buying security assets from IBM to expand customer base.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » Palo Alto Networks、IBMのQRadarを買収しセキュリティ強化へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です