アメリカ軍、商業宇宙産業と手を組み衛星サイバーセキュリティ強化へ

アメリカ軍、商業宇宙産業と手を組み衛星サイバーセキュリティ強化へ - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-06-30 09:11 by admin

アメリカ軍は、サイバー攻撃のリスクが増加する中、商業宇宙産業との連携を強化し、軍の宇宙作戦に商業機器を統合する新しい取り組みを開始した。

この目的は、軍用衛星のサイバーセキュリティを強化することである。敵対的な国家による重要な衛星やその他の宇宙インフラへのサイバー攻撃のリスクが高まっている。

アメリカ国防総省は、この新しいパートナーシップ「Commercial Augmentation Space Reserve (CASR)」が、アメリカの国家安全保障と宇宙における競争力を強化すると信じている。

2022年には、KA-Sat消費者向け衛星ブロードバンドサービスに対するサイバー攻撃があり、ブロードバンドを提供する衛星が標的とされ、サービスが中断された。サイバー攻撃は、物理的に宇宙船を破壊または無効化するために設計された反衛星(ASAT)兵器と比較して、安価で迅速に行うことができ、追跡が困難である。

アメリカ軍は、異なるハードウェアがシームレスに連携できる軍事標準の相互運用性が、新しい公私パートナーシップを強化すると主張している。しかし、軍事標準から商業標準への移行には、軍事資産を損なうリスクがある。

この取り組みの成功は、積極的で情報に精通したリーダーにかかっている。国際宇宙大学とのパートナーシップで開発された宇宙サイバーセキュリティのエグゼクティブコースは、法律、規制、コンサルティング、商業ビジネス、投資家など様々なセクターの専門家を惹きつけた。

このコースは、宇宙サイバーセキュリティに関する多角的なアプローチを促進し、参加者にさまざまなシステムの相互接続性と潜在的な脆弱性についての深い理解を提供した。

【編集者追記】用語解説

  • KA-SAT
    ユーテルサット社が運用する高性能通信衛星で、ヨーロッパ、中東、北アフリカ地域に高速インターネットサービスを提供しています。
  • 衛星攻撃兵器(ASAT)
    人工衛星を破壊または無力化するために設計された兵器システムです。ミサイルや電子戦などの手段を使用します。
  • Commercial Augmentation Space Reserve (CASR)
    アメリカ軍が民間の宇宙企業と協力して、緊急時に商業衛星サービスを利用できるようにする計画です。

【参考リンク】

  • Viasat
    衛星通信サービスを提供するグローバル企業。KA-SAT衛星ネットワークを運用。
DEF CON 31 – Defending KA-SAT – Mark Colaluca and Nick Saunders

【関連記事】
サイバーセキュリティニュースについてinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

アメリカ合衆国は、宇宙におけるインフラの増加に伴い、サイバー攻撃のリスクが高まっている現状に直面しています。この問題に対処するため、アメリカ軍は商業宇宙産業との連携を強化し、軍の宇宙作戦に商業機器を統合する新しい取り組み「Commercial Augmentation Space Reserve (CASR)」を開始しました。この目的は、軍用衛星を含む宇宙インフラのサイバーセキュリティを強化することにあります。

この取り組みは、敵対的な国家からのサイバー攻撃に対する防御を強化することを目指しています。サイバー攻撃は、反衛星兵器(ASAT)と比較して、より安価で迅速に実行可能であり、その起源を追跡することが困難です。このような攻撃は、軍事だけでなく商業用の衛星にも影響を及ぼす可能性があります。

アメリカ軍は、異なるハードウェア間の相互運用性を強化することで、公私のパートナーシップを強化し、場合によっては商業標準を採用することも検討しています。しかし、軍事標準から商業標準への移行は、軍事資産に悪影響を及ぼすリスクを伴います。特に、商業セクターのサイバーセキュリティ基準は、軍事用途で要求されるセキュリティレベルを必ずしも優先しないため、極端な条件下でのセキュリティが懸念されます。

この新しい取り組みの成功は、情報に精通し、積極的なリーダーシップに依存します。国際宇宙大学とのパートナーシップで開発された宇宙サイバーセキュリティのエグゼクティブコースは、法律、規制、コンサルティング、商業ビジネス、投資家など、様々なセクターからの専門家を惹きつけました。このコースは、宇宙サイバーセキュリティに関する多角的なアプローチを促進し、参加者にさまざまなシステムの相互接続性と潜在的な脆弱性についての深い理解を提供しました。

この取り組みは、宇宙産業におけるサイバーセキュリティの重要性を高め、新たなイノベーションとパートナーシップの機会を提供する可能性があります。しかし、多くの新しい商業パートナーとの複雑な作業は、異なるプロジェクトやシステム間での基準の適用において一貫性を欠くリスクも伴います。このような挑戦にもかかわらず、この戦略的シフトは、宇宙探査の未来を形作り、衛星やその他の宇宙インフラのための新しいサイバーセキュリティアプローチを導く可能性があります。

from The US Wants to Integrate the Commercial Space Industry With Its Military to Prevent Cyber Attacks.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » アメリカ軍、商業宇宙産業と手を組み衛星サイバーセキュリティ強化へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です