サイバーセキュリティ人材不足、産業界全体の危機に! 解決策はここにあり

 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-07 08:14 by admin

サイバーセキュリティの人材不足は、技術リーダーだけでなく、ビジネスやコミュニティのリーダーにとっても最も差し迫った課題の一つである。

現在、400万人のプロフェッショナルが不足しており、脅威環境の複雑化に伴い、このギャップは年々拡大している。

サイバーセキュリティは現代ビジネスの基盤となっており、人材不足に対処しなければ長期的な影響が生じる。この問題に対処するためには、業界やセクターを超えた行動が必要である。

技術的な能力と容量を拡大するための戦略的AIの実装、ワークフローの自動化と最適化、情報の収集と配布がこのプロセスには不可欠である。

組織がどのセクターでも人材を開発し、育成するために集中すべき3つの主要な分野は、人材の魅力と採用の再考、サイバーセキュリティ教育の強化、サイバーセキュリティの保持慣行の改善である。

採用の再考では、サイバーセキュリティの職務内容や業界への参入方法に関する認識の欠如が採用の主要な障害であるため、これらの障害を取り除くことが最優先事項である。

特に女性は、業界で最も活用されていない潜在的なサイバータレントの大きなプールである。

教育の改革では、プライマリー教育から実践的なサイバーセキュリティ教育を統合するために、公共セクターとのパートナーシップが重要である。

また、AIを活用したセキュリティツールを活用して、セキュリティ専門家でないユーザーがセキュリティを活性化し、操作できるようにすることが推奨される。

人材の保持を優先するためには、既存の人材を維持する必要がある。多くのプロフェッショナルは過小評価され、過労感を感じており、これが高い離職率につながっている。

組織は、セキュリティチームが効果的に仕事をするために必要な技術ツールへの投資、個々の開発計画の柔軟性、企業戦略に関する透明性を提供することで、この問題に対処できる。

サイバーセキュリティの人材不足は、産業やセクターを超えた最も差し迫った問題の一つである。

しかし、今すぐに進歩を遂げるための明確で影響力のあるステップが存在する。サイバーセキュリティは既に差別化要因となっており、パイプラインのすべての段階で人材を開発し、育成することを優先する組織は、そのセグメントでリーダーとして台頭するだろう。

【参考リンク】
「Tackling cybersecurity’s global talent shortage: Report」(外部)
説明:世界経済フォーラムによる、グローバルなサイバーセキュリティ人材不足に関する最新のレポートを紹介する記事。

【関連記事】
サイバーセキュリティニュースをinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

現代社会において、サイバーセキュリティは非常に重要な役割を果たしています。しかし、その需要に対して十分な専門家がいないという「人材不足」が深刻な問題となっています。この記事では、サイバーセキュリティの人材不足を解消するための3つの重要なステップについて説明しています。

まず、人材の魅力と採用の再考についてです。サイバーセキュリティの仕事は報酬が良く、キャリアの成長機会も豊富にありますが、仕事内容や業界への参入方法についての認識が不足しているため、多くの有能な人材がこの分野に進出することを躊躇しています。特に女性は、この分野で大きな潜在能力を持っているにも関わらず、十分に活用されていません。この問題に対処するためには、サイバーセキュリティがアクセスしやすいものであることを広く伝え、非伝統的な背景を持つ人々にも門戸を開く必要があります。

次に、サイバーセキュリティ教育の強化です。問題の根本は教育のパイプラインにあります。小学校から高等教育に至るまで、または職業生活の中で、サイバーセキュリティ教育が統合され、現代の脅威に対応できるように更新される必要があります。AIを活用したセキュリティツールを用いることで、専門家でない人々もセキュリティを理解し、操作できるようになります。これにより、サイバーセキュリティの基本知識を持つ人材を増やすことができます。

最後に、サイバーセキュリティの人材保持の改善です。多くのサイバーセキュリティ専門家が過小評価され、過労感を感じており、これが高い離職率につながっています。組織は、セキュリティチームが効果的に仕事をするために必要な技術ツールへの投資、柔軟な個人開発計画の提供、企業戦略に関する透明性の確保を通じて、この問題に対処することができます。

サイバーセキュリティの人材不足は、産業やセクターを超えた広範な影響を及ぼす問題です。しかし、上記のステップを踏むことで、この問題に対処し、進歩を遂げることが可能です。サイバーセキュリティを重視し、人材を開発し育成することを優先する組織は、その分野でリーダーとしての地位を確立することができるでしょう。この取り組みは、単に人材不足を解消するだけでなく、サイバーセキュリティの全体的なレベルを向上させ、より安全なデジタル社会の実現に貢献することになります。

from Three critical steps to close the cybersecurity talent gap, once and for all.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » サイバーセキュリティ人材不足、産業界全体の危機に! 解決策はここにあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です