Ivanti脆弱性攻撃が引き起こすCISAの異例の介入と対策の必要性を浮き彫りに

Ivanti脆弱性攻撃が引き起こすCISAの異例の介入と対策の必要性を浮き彫りに - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 05:13 by admin

Ivantiのソフトウェアの脆弱性を悪用した攻撃が、サイバーセキュリティとインフラセキュリティエージェンシー(CISA)による決定的な対応を引き起こした。この事件は、認証をバイパスし、不正アクセスを可能にする脆弱性を利用して、攻撃者がVPNゲートウェイに悪意のあるパケットを送信し、システム内部に侵入し、ユーザー認証情報を含むドメイン管理者の認証情報をエクスポートした。さらに、攻撃者は別の脆弱性を悪用して、Ivantiのアプライアンスに悪意のあるコードを注入し、VPNへの永続的なアクセスを可能にした。

CISAは、この侵害の性質を考慮して、重要な認証情報の盗難を前提とするよう組織に通知し、Ivantiが侵害を検出できなかったことから、攻撃者が信頼されたゾーン内で自由に活動し、ゼロトラスト原則を回避し、機密データに対するリスクを高めることを懸念した。これにより、CISAはIvantiのシステムを2つオフラインにするという異例の措置を講じた。Ivantiは後に、パッチをこっそりと展開できたことを明らかにし、全システムのダウンタイムを避けることができたと述べた。

この事件は、デジタル時代における組織が直面する脅威を思い出させ、強固なサイバーセキュリティ対策と、リスクを軽減し、重要な資産を保護するための積極的なインフラ設計と対応戦略の必要性を強調している。

【ニュース解説】

Ivantiのソフトウェアの脆弱性を悪用した攻撃が、サイバーセキュリティとインフラセキュリティエージェンシー(CISA)による重要な介入を引き起こしました。この事件では、攻撃者がIvantiのVPNゲートウェイに対して悪意のあるパケットを送信し、認証をバイパスしてシステム内部に侵入しました。内部に侵入した後、攻撃者はユーザー認証情報やドメイン管理者の認証情報をエクスポートすることができました。さらに、攻撃者はIvantiのアプライアンスに悪意のあるコードを注入し、VPNへの永続的なアクセスを確保しました。

この侵害の性質を鑑みて、CISAは組織に対して重要な認証情報の盗難を前提とするよう警告しました。特に、Ivantiがこの侵害を検出できなかったことから、攻撃者が信頼されたゾーン内で自由に活動し、ゼロトラスト原則を回避し、機密データに対するリスクを高めることが懸念されました。これにより、CISAは異例の措置としてIvantiのシステムを2つオフラインにしました。後に、Ivantiはパッチをこっそりと展開できたことを明らかにし、全システムのダウンタイムを避けることができたと述べました。

この事件は、デジタル時代における組織が直面する脅威を浮き彫りにし、強固なサイバーセキュリティ対策と、リスクを軽減し、重要な資産を保護するための積極的なインフラ設計と対応戦略の必要性を強調しています。特に、認証情報の盗難は組織にとって深刻な脅威であり、攻撃者が信頼されたゾーン内で自由に活動できるようになると、その影響は計り知れません。

このような攻撃から組織を守るためには、ゼロトラスト原則の徹底、システムの定期的な監査とパッチの適用、そして異常なアクセスや活動を迅速に検出できるセキュリティシステムの構築が不可欠です。また、組織内でのクリアなコミュニケーションと協力も、危機管理において重要な役割を果たします。この事件は、サイバーセキュリティが絶えず進化する脅威に対してどのように対応すべきか、そして組織がどのようにして自らを守るべきかについて、重要な教訓を提供しています。

from CISA Takedown of Ivanti Systems Is a Wake-up Call.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » Ivanti脆弱性攻撃が引き起こすCISAの異例の介入と対策の必要性を浮き彫りに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です