SaviyntとEYが提携、外部ユーザー管理を効率化しセキュリティ向上へ

SaviyntとEYが提携、外部ユーザー管理を効率化しセキュリティ向上へ - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-11 10:39 by admin

Saviyntは、EY(Ernst & Young LLP)との提携を通じて、外部ユーザー管理に関するアプローチを向上させ、Identity Cloudの機能を拡張しました。このコラボレーションは、外部の労働力、サプライヤー、その他の外部ユーザー関係のオンボーディングと管理を簡素化し、実装する組織のユーザーエクスペリエンスとリスク管理を改善することを目的としています。また、外部組織がユーザーを直接管理できるようにする委任されたオンボーディングワークフロー、オンラインの身元確認ベンダーとの統合、外部ユーザーとそのアクセスの管理、アクセス決定におけるアイデンティティと組織リスクの組み込み、外部ユーザーのオフボーディングに関する洞察の向上を提供します。SaviyntとEYは、6月13日に第1部のウェビナーを放送し、アイデンティティレベルのアプローチが運用をどのように変革し、ビジネスを保護し、組織のサプライチェーンを強化するかを紹介しました。第2部のウェビナーシリーズは7月18日に開催され、アイデンティティベースのアーキテクチャを通じて脅威の抵抗と対応を強化する方法について学びます。

【ニュース解説】

SaviyntとEY(Ernst & Young LLP)が提携し、外部ユーザー管理のアプローチを革新し、Identity Cloudの機能を拡張しました。この提携は、企業が外部の労働力やサプライヤーなどの第三者との関係をより効率的に管理できるようにすることを目的としています。具体的には、外部組織が自らのユーザーを直接管理できる委任されたオンボーディングワークフロー、オンライン身元確認ベンダーとの統合、外部ユーザーのアクセス管理、アクセス決定におけるアイデンティティと組織リスクの組み込み、外部ユーザーのオフボーディングに関する洞察の向上など、多岐にわたる機能が提供されます。

この提携により、企業は外部ユーザーの管理をより簡単に、かつ効率的に行うことが可能になります。これは、特にサプライチェーン管理や外部パートナーとの連携が重要な役割を果たす業界において、大きなメリットをもたらします。外部ユーザーのアイデンティティとアクセス管理を強化することで、企業はセキュリティリスクを低減し、運用コストを削減することができます。

しかし、このようなシステムの導入には、プライバシーとセキュリティに関する潜在的なリスクも伴います。外部ユーザーのデータを管理する際には、適切なセキュリティ対策とプライバシー保護の実施が不可欠です。また、新しい技術やプラットフォームの導入には、従業員のトレーニングや運用プロセスの更新が必要になる場合があります。

長期的な視点で見ると、この提携は企業がデジタルトランスフォーメーションを進める上で、アイデンティティとアクセス管理の分野におけるイノベーションを促進することに貢献します。また、規制環境の変化に対応し、より安全で信頼性の高いデジタル環境を構築するための基盤を提供することにもなります。このような進展は、企業が直面するセキュリティとプライバシーの課題に対する新たな解決策を提供し、将来的にはより広範な業界への影響を及ぼす可能性があります。

from Saviynt Expands Capabilities With EY Alliance, Elevating Approach to External User Management With its Identity Cloud.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » SaviyntとEYが提携、外部ユーザー管理を効率化しセキュリティ向上へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です