国家サイバーセキュリティ強化へ、UnitedHealth CEOが報告標準化を提唱

国家サイバーセキュリティ強化へ、UnitedHealth CEOが報告標準化を提唱 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-12 05:08 by admin

UnitedHealthのCEOは、国家のサイバーセキュリティインフラを強化するために「標準化された国家的なサイバーイベント報告」を支持しています。現在、企業や組織はさまざまな規制と報告基準に直面しており、報告の簡素化が求められています。ハーモナイゼーション・オブ・サイバーインシデントレポート(NCIRP)は、報告と調整のためのフレームワークを提供し、中央集権化された報告場所として機能する可能性があります。

企業は、透明性を重視したサイバーセキュリティ対応と報告のための堅牢なプログラムを実施する必要があります。また、インシデント対応計画を実践的な手順として運用化し、報告を容易にするために情報を提供することに焦点を当てるべきです。透明性と協力によって企業は保護され、情報共有と協力が促進されます。

中央集権化された報告システムは、透明性、協力、およびセキュリティの向上に貢献します。このシステムは、企業にとって安全な港を提供し、透明性と善意に基づいた行動を行った場合には責任を追及しないことを明確にします。また、政府のインシデント報告要件を調整し、集団的な対応を調整するために役立ちます。

【ニュース解説】

サイバーセキュリティの脅威は日々進化し、企業や組織は増加するサイバー攻撃に対応するために、常に警戒を怠らない必要があります。このような状況の中、UnitedHealthのCEOであるアンドリュー・ウィティ氏は、国家のサイバーセキュリティインフラを強化するために、「標準化された国家的なサイバーイベント報告」の支持を表明しました。これは、企業や組織が直面する多様な規制と報告基準を簡素化し、より効果的な対応を可能にするための提案です。

現在、企業はサイバーインシデントを報告する際に、さまざまな規制機関への報告が求められます。これには、サイバーインシデント報告に関する法律や、EU一般データ保護規則(GDPR)、証券取引委員会のルール、健康保険の携行性と責任に関する法律(HIPAA)など、200以上の規制が含まれる場合があります。これらの規制はしばしば重複し、報告期限も短くなっています。そのため、一つの中央集権化された報告場所があれば、企業は報告プロセスを簡素化し、全ての関連する規制機関に必要な情報を提供できるようになります。

この目的を達成するために、国土安全保障省(DHS)は「ハーモナイゼーション・オブ・サイバーインシデントレポート(NCIRP)」という報告と調整のためのフレームワークを提案しています。NCIRPは、サイバーインシデントの報告を一元化し、他の規制機関への情報提供を容易にすることを目指しています。

企業は、この新しい時代に適応するために、透明性を重視したサイバーセキュリティ対応と報告のプログラムを実施する必要があります。これには、インシデント対応計画を実践的な手順として運用化し、報告を容易にするために情報を提供することが含まれます。透明性と協力を促進することで、企業は保護され、情報共有と協力が強化されます。

中央集権化された報告システムの導入は、透明性、協力、およびセキュリティの向上に貢献します。このシステムは、透明性と善意に基づいた行動を行った企業に対して、安全な港を提供し、責任追及を避けることができる明確なルールを設定します。また、政府はインシデント報告要件を使用して、集団的な対応を調整することができます。

このような中央集権化された報告システムの導入は、サイバーセキュリティの脅威が増加する中で、国家全体のサイバーセキュリティ戦略においてますます重要な要素となります。企業や組織が透明性を高め、協力して対応することで、より強固なサイバーセキュリティインフラを構築することが可能になるでしょう。

from Centralized Cyber-Incident Reporting Can Improve Effectiveness.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » 国家サイバーセキュリティ強化へ、UnitedHealth CEOが報告標準化を提唱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です