データセンターのエネルギー問題に挑む「Verrus」、Alphabet系企業が新技術発表

データセンターのエネルギー問題に挑む「Verrus」、Alphabet系企業が新技術発表 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 08:32 by admin

Sidewalk Infrastructure Partners(SIP)、Alphabetのスピンアウト企業が、データセンターのエネルギー管理を柔軟にする新コンセプト「Verrus」を発表した。Verrusは、高性能バッテリーに基づく「マイクログリッド」と、特定のタスクやアプリケーションにエネルギーを割り当てるためのソフトウェアを組み合わせており、現代のコンピューティングニーズによって生じる電力課題に対処することを目指している。

Verrusを使用して設計された最初の3つのデータセンターは、アリゾナ州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州に位置する予定で、2026年または2027年に稼働することを目指している。現時点で契約された顧客はいないが、Alphabetを含むいくつかの「ハイパースケーラー」がプロジェクトに関心を示しており、稼働開始時にはターゲットセグメントの一つになる可能性がある。

SIPは、このプロジェクトを約2年間秘密裏に開発しており、電力グリッド管理に関する他の研究と、エネルギー消費をより良く管理するための負荷シフトに焦点を当てた企業との作業が基になっている。データセンターが電力グリッドにかける負担を考慮し、SIPはデータセンター自体に注目を移した。クラウドコンピューティングとAIデータ計算の増加は、グリッドに「実際の挑戦」をもたらし、通常、データセンターは容量いっぱいである。

Verrusの提案は、高容量バッテリーを含む「マイクログリッド」を使用し、データセンター内の特定のエリアやプロジェクトに電力をより柔軟に配備することである。これにより、例えばAIトレーニングジョブを一時停止し、異なる時間にバッチ処理して実行することが可能になる。SIPによれば、単にデータセンターを追加するだけでは、長期的には持続可能なアプローチではない。

【ニュース解説】

Sidewalk Infrastructure Partners(SIP)、Alphabetのスピンアウト企業が、データセンターのエネルギー管理を革新する新しいコンセプト「Verrus」を発表しました。このプロジェクトは、高性能バッテリーに基づく「マイクログリッド」と、特定のタスクやアプリケーションにエネルギーを割り当てるためのソフトウェアを組み合わせることで、現代のコンピューティングニーズによって生じる電力課題に対処することを目指しています。

Verrusを使用して設計される予定の最初の3つのデータセンターは、アリゾナ州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州に位置し、2026年または2027年に稼働することを目指しています。現時点では具体的な顧客は契約されていませんが、Alphabetを含むいくつかの大手企業がプロジェクトに関心を示しており、稼働開始時にはこれらの企業が主要なターゲットとなる見込みです。

このプロジェクトは、電力グリッド管理に関する研究と、エネルギー消費を効率的に管理するための負荷シフトに焦点を当てた企業との作業を基に、約2年間秘密裏に開発されてきました。クラウドコンピューティングとAIデータ計算の増加は、電力グリッドに大きな負担をかけており、データセンターはしばしばその容量の限界に達しています。

Verrusの提案する「マイクログリッド」は、高容量バッテリーを使用してデータセンター内の特定のエリアやプロジェクトに電力をより柔軟に配備することを可能にします。これにより、AIトレーニングジョブなどの特定の作業を一時停止し、需要が少ない時間帯にバッチ処理して実行することが可能になります。これは、単にデータセンターを増やすだけでは解決できない、電力供給のピーク時の課題に対処するための持続可能なアプローチを提供します。

この技術の導入により、電力消費のピーク時における電力供給の問題を軽減し、エネルギー使用の効率化を図ることができます。しかし、高性能バッテリーの導入と管理には高額なコストがかかる可能性があり、また、バッテリーの製造と廃棄に伴う環境への影響も考慮する必要があります。さらに、このようなシステムの普及には、エネルギー業界、技術企業、規制当局間の協力が不可欠です。

長期的には、Verrusのような技術が広く採用されることで、データセンターのエネルギー使用の柔軟性が高まり、持続可能なデジタルインフラの構築に貢献する可能性があります。これは、エネルギー消費の増加が予想される未来において、重要なステップとなるでしょう。

from Alphabet spin-off SIP launches Verrus, a data center concept built around battery ‘microgrids’.

SNSに投稿する

ホーム » エネルギー技術 » エネルギー技術ニュース » データセンターのエネルギー問題に挑む「Verrus」、Alphabet系企業が新技術発表

“データセンターのエネルギー問題に挑む「Verrus」、Alphabet系企業が新技術発表” への1件のコメント

  1. 佐藤 智恵のアバター
    佐藤 智恵

    Verrusのプロジェクトについての発表は、データセンターという現代社会における重要なインフラのエネルギー消費問題に対する革新的なアプローチを示しています。特に、高性能バッテリーに基づいた「マイクログリッド」の使用と、エネルギーを特定のタスクやアプリケーションに割り当てるソフトウェアの組み合わせは、データセンターにおけるエネルギーの柔軟な管理を実現し、ピーク時の電力供給問題に対処するための持続可能な解決策を提供することができると考えます。

    この技術の採用により、データセンターのエネルギー効率が向上し、長期的にはクラウドコンピューティングやAIデータ計算の増加に伴う電力グリッドへの負担を軽減できる可能性があります。さらに、エネルギー消費のピーク時を避けることで、データセンターの運用コストの削減にも繋がります。

    しかし、このシステムの実現には、高性能バッテリーの導入と管理に関わる高額な初期投資や、バッテリーの製造と廃棄に伴う環境への影響、さらにはエネルギー業界、技術企業、規制当局との協力など、多くの課

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です