インドの猛暑対策:古代技術に基づくエコ冷却デバイスが注目

 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 08:32 by admin

インドでは、古代の技術に基づいたクーリングデバイスが普及している。

これらのデバイスはテラコッタ(粘土)製の壺や冷蔵庫であり、エネルギーをほとんど使用せずに水や食品、建物全体を冷やすことができる。

蒸発を利用した冷却方法により、電力を必要とせず、手頃な価格で提供されている。しかし、この技術の普及には伝統的な建材への抵抗やメンテナンスの必要性、商業ビルや住宅での採用の遅れ、政府の支援不足などの課題が存在する。

また、低所得者層やスラム地域での普及にも課題があり、企業や団体による再生可能な材料や建築デザインの開発が進められている。インドでは多くの家庭が冷蔵庫やエアコンを持っておらず、手頃な価格のクーリングソリューションの需要が高いため、政府や外国の利害関係者からの支援と資金が必要である。

【編集者追記】用語解説

  • 蒸発冷却(気化冷却)
    水が蒸発する際に周囲から熱を奪う現象を利用した冷却方法です。これは自然界でよく見られる現象で、人間が汗をかいて体温を下げるのと同じ原理です。
  • MittiCool(ミティクール)
    インドの起業家マンスクバイ・プラジャパティ氏が開発した、粘土製の電力不要冷蔵庫ブランドです。「Mitti」はヒンディー語で「土」を意味し、環境に優しい製品であることを表しています。
  • ビーハイブ(Beehive)冷却システム
    蜂の巣のような構造を持つ冷却装置で、インドの建築会社CoolAntが開発しました。テラコッタ製のコーンを使用し、水の蒸発を利用して周囲の温度を下げます。
  • テラコッタ
    素焼きの陶器のことで、イタリア語で「焼いた土」を意味します。多孔質で水を吸収しやすい特性があり、蒸発冷却に適しています。

【参考リンク】

  1. MittiCoolオフィシャルサイト(外部)
    説明:粘土製の環境に優しい製品を販売。電気不要の冷蔵庫や水ボトルなど、伝統的な知恵を活かした製品を提供しています。
  2. CoolAntオフィシャルサイト(外部)
    説明:ビーハイブ冷却システムを開発した会社。自然素材を使用した芸術的で環境に優しい空調ソリューションを提供しています。
How Does This Electricity Free Clay Fridge Works? | Mansukhbhai Prajapati | Jugaad Mania | Epic

【関連記事】

エネルギー技術ニュースをinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

インドでは、古代から伝わる技術を用いたクーリングデバイスが、猛暑に苦しむ多くの人々に涼しさを提供しています。この技術は、粘土製の壺や冷蔵庫を使用し、水の蒸発を利用して冷却するというものです。特に注目されているのは、電力を一切使用せず、水を冷やすだけでなく、周囲の空気を冷却することができる粘土製の壺「マトカ」や、同じ原理を応用した電力を使用しない冷蔵庫です。これらのデバイスは、インドの厳しい夏を乗り切るための手頃で環境に優しい解決策として注目を集めています。

しかし、この古代の冷却技術の普及にはいくつかの課題があります。まず、伝統的な建材や建築方法に対する抵抗感があり、特に都市部では、現代的な建築材料やデザインが好まれる傾向にあります。また、粘土製のデバイスは定期的なメンテナンスが必要であり、これが普及の障壁となっている場合もあります。さらに、商業ビルや住宅での採用が進んでいないことや、政府からの支援が不足していることも、普及を妨げる要因となっています。

この技術のポジティブな側面としては、電力を使用しないため、エネルギー消費を削減し、環境に優しいという点が挙げられます。また、低コストであるため、冷蔵庫やエアコンを持つことができない低所得者層にとっても手が届きやすい解決策です。さらに、停電が頻繁に起こる地域でも、電力供給に依存しないため、安定して使用することができます。

一方で、潜在的なリスクとしては、粘土製のデバイスが適切にメンテナンスされない場合、その効果が低下する可能性があります。また、湿度が高い地域では、蒸発冷却の効果が限定的になることも考えられます。

将来的には、この古代の冷却技術を現代の技術と組み合わせることで、より効率的で持続可能な冷却ソリューションを開発する可能性があります。例えば、太陽エネルギーを利用して水を循環させることで、電力を使用することなく、より大規模な建物を冷却するシステムの開発などが考えられます。また、政府や民間企業がこのような環境に優しい冷却技術の普及と研究開発に積極的に投資することで、インドだけでなく、世界中の熱波に苦しむ地域での生活環境改善に貢献することが期待されます。

from This Ancient Technology Is Helping Millions Stay Cool.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » エネルギー技術 » エネルギー技術ニュース » インドの猛暑対策:古代技術に基づくエコ冷却デバイスが注目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です