ノルウェー、新車の82%がEVに!世界をリードする電動化の進展

ノルウェー、新車の82%がEVに!世界をリードする電動化の進展 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-11 08:01 by admin

ノルウェーは世界で最も高い電気自動車(EV)の採用率を誇り、2023年には新車販売の82%がEVであった。これは、ノルウェー道路連盟(OFV)によると、米国の前年の7.6%や、世界最大の自動車市場である中国の2023年の24%と比較しても高い数値である。ノルウェー政府は、2025年までに全ての新車がゼロエミッション車になることを目標としており、その目標達成に自信を持っている。

ノルウェー政府は1990年代から、無料駐車、バスレーンの使用、通行料金の免除、そして最も重要なゼロエミッション車に対する税金の免除といったインセンティブを通じてEVの購入を促進してきた。特に、テスラをはじめとするEVモデルが市場に登場した約10年前から販売が伸び始めた。ノルウェーの首都オスロでは、フェリー、バス、セミトラック、さらには建設機械まで電化が進んでおり、ガソリンスタンドや駐車メーターが充電器に置き換わっている。ノルウェーはほぼ100%水力発電により、EVの増加にも電力網が対応しており、電気自動車はガソリン車の約3分の1の価格で運用できるという大きな利点がある。

【ニュース解説】

ノルウェーは、世界で最も電気自動車(EV)の普及率が高い国として知られています。2023年には、新車販売の82%がEVであったという驚異的な数字を記録しています。これは、米国の7.6%や中国の24%と比較しても非常に高い割合です。ノルウェー政府は、2025年までに全ての新車がゼロエミッション車になることを目標に掲げ、その達成に向けて自信を示しています。

ノルウェーがこのような高いEV普及率を達成できた背景には、政府による長期的な取り組みがあります。1990年代から、EVの購入を促進するために様々なインセンティブが導入されました。これには、無料駐車、バスレーンの使用、通行料金の免除、そして最も重要なゼロエミッション車に対する税金の免除が含まれます。テスラをはじめとするEVモデルが市場に登場した約10年前から、これらのインセンティブはさらに効果を発揮し、販売が伸び始めました。

また、ノルウェーの首都オスロでは、フェリー、バス、セミトラック、建設機械まで電化が進んでおり、インフラの面でもEVへの移行を支えています。ガソリンスタンドや駐車メーターが充電器に置き換わるなど、都市全体が電動化に向けて変化しています。

ノルウェーの成功の鍵の一つは、ほぼ100%水力発電による電力供給です。これにより、電気自動車はガソリン車の約3分の1の価格で運用できるという大きな利点があります。安価で再生可能な電力は、EVの普及をさらに促進しています。

このノルウェーの事例から、他国、特にEV普及率が低い国々は多くを学ぶことができます。政府による明確な目標設定、長期的なインセンティブの提供、そして再生可能エネルギーへの投資がEV普及の鍵であることが示されています。しかし、ノルウェーのような高い水力発電依存度は、すべての国が模倣できるわけではありません。各国のエネルギー資源やインフラの状況に応じた戦略が必要です。

また、EV普及の加速は、電力需要の増加をもたらすため、電力供給の安定性や再生可能エネルギーへのさらなる投資が求められます。さらに、バッテリーのリサイクルや廃棄問題も、今後の課題として挙げられます。EV普及に伴うこれらの課題に対処するためには、技術革新と政策の両面からのアプローチが重要です。

ノルウェーの例は、EV普及に向けた明確なビジョンと政策がいかに重要かを示しています。他国がこの成功事例から学び、自国の状況に合わせた戦略を立てることで、世界全体のEV普及を加速させることができるでしょう。

from What the U.S. can learn from Norway when it comes to EV adoption.

SNSに投稿する

ホーム » モビリティ » モビリティーニュース » ノルウェー、新車の82%がEVに!世界をリードする電動化の進展

“ノルウェー、新車の82%がEVに!世界をリードする電動化の進展” への1件のコメント

  1. 山本 拓也のアバター
    山本 拓也

    ノルウェーの電気自動車(EV)普及率の高さは、非常に注目に値する事例だと思います。特に、新車販売の82%がEVというのは、他国と比較しても圧倒的な数字ですね。これは、長期的な政策やインセンティブによるものだと理解しました。無料駐車やバスレーンの使用許可、税金の免除など、具体的なインセンティブがEV購入を後押ししているのは見習うべき点だと感じます。

    ただし、日本の状況を考えると、ノルウェーのモデルをそのまま適用するのは難しい面もあると思います。特に、ほぼ100%水力発電による電力供給というのは、日本では達成が難しいかもしれません。日本でも再生可能エネルギーの普及は進んでいますが、エネルギー源の多様化が必要です。また、日本独自の交通インフラや都市計画の違いも考慮する必要があります。

    しかし、インセンティブの提供や電動化を進めるための政策、再生可能エネルギーへの投資など、ノルウェーの取り組みから学ぶべき点は多いです。特に、EV普及に向けた明確な政策目標や長期的な視点は、日本でも参考にできると思います。電気自動車の普及は、地球温暖化対

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です