半導体企業Wolfspeedに売却要求、Jana Partnersが株主価値向上を迫る

半導体企業Wolfspeedに売却要求、Jana Partnersが株主価値向上を迫る - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 08:49 by admin

アクティビスト投資家のJana Partnersは、半導体企業Wolfspeedに対して「重要な」持ち分を築き、同社に対し売却を含む株主価値の「驚くべき浸食」の解決を求めている。JanaはWolfspeedの取締役会に宛てた書簡で、同社の「差別化された製造能力」と「エネルギー移行を支援するアメリカのサプライヤー」としての地位が、顕著な内在価値を持つと述べた。また、経営陣の資本配分、実行、戦略の誤りが株価を押し下げたと指摘した。

Janaのポジションが報じられたことでWolfspeedの株価は約9%上昇したが、2021年の高値からは70%以上下落している。Janaは、Wolfspeedの取締役会に対し、Mohawk ValleyとSiler Cityの2つのチップ製造工場の指標と主要なマイルストーンを設定し、将来の費用、CHIPS法案の資金を含む「明確な資金調達経路」を特定するよう求めた。

Wolfspeedは、車両などで電力を管理するために使用される電子部品や半導体の供給業者であり、これらのチップを生産するための材料も販売している。Janaは、Wolfspeedの取締役会が事業の包括的なレビューを「迅速に」開始し、売却を含む検討を行うべきだと述べた。また、WolfspeedのM&Aの可能性を強調する複数のアナリストのノートを引用した。

Janaは2001年にBarry Rosensteinによって設立され、Scott Ostfeldが2023年に管理パートナーに就任した。JanaはFreshpet、New Relic、Qualcommで成功したエンゲージメントを持ち、Trimbleや通信企業Frontierにもポジションを取っている。

【ニュース解説】

アクティビスト投資家のJana Partnersが、半導体企業Wolfspeedに対して大きな影響を及ぼす動きをしています。Jana PartnersはWolfspeedに対し、同社の株主価値の大幅な低下に対処するため、売却を含む様々な選択肢を検討するよう求めています。この要求は、Wolfspeedの「差別化された製造能力」と「エネルギー移行を支援するアメリカのサプライヤー」としての地位が、同社に顕著な内在価値を与えているにも関わらず、経営陣の資本配分、実行、戦略の誤りが株価を押し下げたという認識に基づいています。

Wolfspeedは、電子部品や半導体の供給業者であり、特に車両などで電力を管理するために使用される製品を提供しています。Jana Partnersの提案には、Wolfspeedが直面している問題の解決策として、同社の2つのチップ製造工場の運営に関する具体的な指標とマイルストーンの設定、将来の費用に対する明確な資金調達経路の特定が含まれています。

この動きは、Wolfspeedの株価に短期的なポジティブな影響を与えましたが、2021年の高値からは依然として大幅に下落しています。Jana Partnersの介入は、Wolfspeedが直面している課題に対する一つの解決策を提案しており、同社の将来に大きな影響を与える可能性があります。

このようなアクティビスト投資家による介入は、企業経営における重要な転換点となることがあります。ポジティブな側面としては、経営の効率化、戦略の再評価、株主価値の向上が挙げられます。一方で、短期的な利益追求が長期的な成長戦略や企業文化に悪影響を及ぼす可能性もあります。

また、このような動きは、他の企業や業界における類似の介入の可能性を示唆しており、特に技術進化が速い半導体業界においては、企業の競争力を維持するための戦略的な再構築がますます重要になってきています。長期的には、Wolfspeedのような企業が直面する課題とそれに対する解決策が、業界全体の健全な発展とイノベーションの促進に寄与することが期待されます。

from Activist investor Jana has 'significant' stake in Wolfspeed, urges semi manufacturer to consider sale.

SNSに投稿する

ホーム » 半導体 » 半導体ニュース » 半導体企業Wolfspeedに売却要求、Jana Partnersが株主価値向上を迫る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です