「Deathbound」8月8日発売、悲しみの五段階を戦う新感覚パーティーシステム導入のSoulslikeゲーム

「Deathbound」8月8日発売、悲しみの五段階を戦う新感覚パーティーシステム導入のSoulslikeゲーム - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 05:11 by admin

Trialforge Studioは、Soulslikeタイトル「Deathbound」を8月8日にPlayStation 5、Xbox Series X/S、PCで発売すると発表した。このゲームはシングルプレイヤー向けでありながら、悲しみの五段階をベースにしたボスと戦うためのプレイアブルキャラクターが含まれるパーティーシステムが主な特徴である。Deathboundは、ポストテクノロジーの世界「Ziêminal」とその都市「Akratya」を舞台にしている。プレイヤーは倒れた戦士たちのパーティーを操り、それぞれの特殊スキルを使い分けながら戦う。パーティーは4人のキャラクターで構成されているが、選択可能なキャラクターはそれ以上に存在する。各キャラクターは生前の信念に基づいて能力が影響を受け、同じ信念を持つキャラクターを組み合わせることで強化される一方、信念が衝突する組み合わせはネガティブな効果をもたらす。ブラジルの20人のスタジオであるTrialforgeは、Soulslikeジャンルに独自の解釈を加えることを目指している。Tate Multimediaがこのタイトルを公開する。Deathboundのデモは現在Steamでプレイ可能である。

【ニュース解説】

Trialforge Studioが開発した「Deathbound」は、2023年8月8日にPlayStation 5、Xbox Series X/S、PC向けにリリースされる予定のゲームです。このゲームは、シングルプレイヤー向けのSoulslikeタイトルであり、特徴的なパーティーシステムを採用しています。プレイヤーは、悲しみの五段階をモチーフにしたボスと戦うため、複数のプレイアブルキャラクターから成るパーティーを操ります。

「Deathbound」の舞台は、ポストテクノロジーの世界「Ziêminal」とその都市「Akratya」です。プレイヤーは、戦いで倒れた戦士たちのパーティーを率い、それぞれのキャラクターが持つ特殊なスキルを駆使して戦います。パーティーは4人のキャラクターで構成されていますが、それ以上のキャラクターから選択することが可能です。キャラクターの能力は、生前の信念によって影響を受け、同じ信念を持つキャラクター同士を組み合わせることで強化される一方で、信念が衝突する組み合わせはネガティブな効果をもたらします。

このゲームは、ブラジルの20人からなるスタジオ、Trialforgeによって開発されており、Soulslikeジャンルに新たな解釈を加えることを目指しています。Tate Multimediaがパブリッシングを担当し、現在Steamでデモ版がプレイ可能です。

このゲームの特徴的なパーティーシステムは、従来のSoulslikeタイトルとは異なる戦略性をプレイヤーに提供します。複数のキャラクターを使い分けることで、戦闘の幅が広がり、より深いゲーム体験が可能になります。また、キャラクター間の信念の相違をゲームプレイに取り入れることで、キャラクター選択やパーティー編成においても戦略的な思考が求められます。

しかし、このようなシステムは、プレイヤーにとっては新しい挑戦となり得ます。キャラクターの能力や信念の組み合わせを理解し、最適なパーティー編成を見つけることが、ゲームを進める上での鍵となるでしょう。また、このゲームは、ポストテクノロジーの世界観という独特の設定を持っており、その世界を探索することも魅力の一つです。

長期的な視点で見ると、「Deathbound」はSoulslikeジャンルに新たな風を吹き込む可能性を秘めています。パーティーシステムの導入は、今後のゲーム開発においても影響を与えるかもしれません。プレイヤーが異なるキャラクターを操り、それぞれの特性を活かして戦うというアプローチは、ゲームプレイの多様性を高め、プレイヤーに新たな体験を提供することに繋がります。

from Deathbound, a party-based Soulslike, launches on August 8.

SNSに投稿する

ホーム » テクノロジーとエンターテイメント » テクノロジーとエンターテイメントニュース » 「Deathbound」8月8日発売、悲しみの五段階を戦う新感覚パーティーシステム導入のSoulslikeゲーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です