YouTubeのVision Pro対応アプリ開発中、空間ビデオの未来は?

YouTubeのVision Pro対応アプリ開発中、空間ビデオの未来は? - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-08 12:44 by admin

YouTubeは、Vision Proの立ち上げ時に利用できなかった主要なアプリの一つですが、現在そのアプリが開発中であることが確認されました。しかし、YouTubeがこれまでに蓄積してきた空間的なビデオコンテンツ(3D、180度、360度ビデオ)のサポートについては、まだ不明です。YouTubeは、iPadやiPhoneの既存アプリをVision Proで動作させることを選択しなかったため、Vision Proのブラウザを通じてYouTubeビデオを視聴することは可能ですが、ネイティブアプリほどスムーズではなく、空間的なビデオコンテンツもサポートされていません。

Appleは、YouTubeの空間的ビデオコンテンツについて、高品質の空間体験を提供しないデバイス向けに作成されたものが多く、一部のコンテンツは動きの不快感を引き起こす可能性があると指摘しています。そのため、AppleがYouTubeの空間的ビデオをVision Proで許可するかどうかは不透明です。

一方、サードパーティ開発者による「Juno for YouTube」というアプリがVision Proで利用可能になりましたが、このアプリもYouTubeの空間的ビデオをサポートしていません。

AppleとYouTubeは、Vision Proでの空間的ビデオの扱いについて明確な方針を示していないため、今後の動向が注目されます。

【ニュース解説】

YouTubeがVision Proに向けて開発中のアプリについて、そのアプリがYouTubeがこれまでに蓄積してきた空間的なビデオコンテンツ(3D、180度、360度ビデオ)をサポートするかどうかが注目されています。空間的ビデオとは、視聴者がビデオ内の異なる方向を見ることができるようにする技術で、没入感のある体験を提供します。しかし、Vision Proの立ち上げ時には、このようなコンテンツをサポートするYouTubeのネイティブアプリが用意されていませんでした。

Appleは、YouTubeの空間的ビデオコンテンツに対して、高品質の空間体験を提供しないデバイス向けに作成されたものが多いと指摘しています。また、一部のコンテンツは動きの不快感を引き起こす可能性があるとも述べており、これがAppleがYouTubeの空間的ビデオをVision Proで許可するかどうかに影響を与える可能性があります。

この状況は、空間的ビデオコンテンツの将来と、それがどのように消費されるかに大きな影響を与える可能性があります。空間的ビデオは、教育、エンターテイメント、観光など、多くの分野で没入感のある体験を提供することができます。しかし、これらのビデオが一般的なプラットフォームで広くサポートされなければ、その普及は限定的になるかもしれません。

一方で、サードパーティ開発者による「Juno for YouTube」というアプリがVision Proで利用可能になりましたが、このアプリもYouTubeの空間的ビデオをサポートしていません。これは、開発者がVision ProのユーザーにYouTubeのコンテンツを提供しようとする試みであり、YouTubeのネイティブアプリが提供されるまでの一時的な解決策となる可能性があります。

最終的に、YouTubeの空間的ビデオコンテンツがVision Proでどのように扱われるかは、AppleとYouTubeの間の協議によって決定されるでしょう。この結果は、VR技術の進化と、それを通じて提供されるコンテンツの質に重要な影響を与える可能性があります。

from YouTube is Coming to Vision Pro Eventually, but What About Spatial Video?.

SNSに投稿する

ホーム » VR/AR » VR/ARニュース » YouTubeのVision Pro対応アプリ開発中、空間ビデオの未来は?

“YouTubeのVision Pro対応アプリ開発中、空間ビデオの未来は?” への1件のコメント

  1. 佐藤 智恵のアバター
    佐藤 智恵

    YouTubeのVision Pro向けアプリ開発のニュースは、現代のテクノロジーとエンターテイメントの交差点における重要な進展を示しています。空間的ビデオコンテンツのサポートが不透明であるという現状は、テクノロジーの進化がいかに迅速であるか、そしてそれに対応するための課題がいかに複雑であるかを物語っています。

    特に、Appleが指摘するように、空間的ビデオコンテンツが一部のユーザーに不快感を引き起こす可能性があるという問題は、テクノロジーの普及と受容において重要な考慮事項です。私たちは、テクノロジーを通じて新しい体験を提供することの可能性に興奮しつつも、それがもたらす可能性のある否定的な影響に対しても注意深くなる必要があります。

    空間的ビデオは、映画製作の分野においても革新的な可能性を秘めています。古典的な映画やアートフィルムのファンとして、新しい形式の映像表現がどのように古典的な物語や芸術的価値を拡張し、深めることができるかを考えることは非常に興味深いです。空間的ビデオが視聴者により没入感のある体験を提供することで、映画のストーリーテリングや視覚表現に新た

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です