Ubisoft、売上予想を大幅に上回る – 新作ゲームが好調に貢献

Ubisoft、売上予想を大幅に上回る - 新作ゲームが好調に貢献 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 09:12 by admin

Ubisoftは2024年第3四半期の財務報告で、販売目標を上回る結果を発表しました。同社の四半期の純予約は約6億7500万ドル(€626百万)に達し、9ヶ月間で約16億ドルになりました。これは、四半期にリリースされたゲーム、特に「アサシン クリード ミラージュ」と「アバター:フロンティア オブ パンドラ」の好調なパフォーマンスによるものです。当初の予測では、四半期の純予約が約6億5700万ドル(€610百万)になると見込まれていましたが、実際の結果は前年同期比43.1%増の約6億7500万ドルでした。

UbisoftのCEO、イヴ・ギモは、第3四半期に運営の効率化をさらに進め、同時に全体的な人材の保持が改善され続けたと述べました。同社は、コスト削減目標を達成し、長期的な成功に向けてより良い位置につけるために、この道を続けることに強くコミットしています。

今後の見通しとして、Ubisoftは第4四半期に「プリンス・オブ・ペルシャ:ザ・ロスト・クラウン」と「スカル&ボーンズ」のリリースにより強力なパフォーマンスを期待しています。また、2024-25会計年度のラインナップには「アサシン クリード レッド」と「スター・ウォーズ アウトローズ」が含まれており、後者は2024年末までに、前者は会計年度内にリリース予定です。2024-25年の全リリースラインナップは5月に発表される予定です。

ギモは、ライブサービスタイトル「レインボーシックス シージ」が純予約の大部分を占め続けていると述べ、無料プレイの「XDefiant」、「レインボーシックス モバイル」、「ザ・ディビジョン リサージェンス」も貢献する可能性があるとしました。一方で、「スカル&ボーンズ」は無料プレイではないことを擁護しました。さらに、アサシン クリード ネクサス VRへの反応がぬるかったことから、VRへの関心が冷めていることも明らかにしました。

【ニュース解説】

Ubisoftが2024年第3四半期の財務報告で、予想を上回る売上を達成したことが発表されました。特に「アサシン クリード ミラージュ」と「アバター:フロンティア オブ パンドラ」のリリースが好調で、四半期の純予約が約6億7500万ドルに達しました。これは、前年同期比で43.1%の増加を示しています。また、Ubisoftは運営の効率化と人材の保持においても進展があり、今後もコスト削減と長期的な成功に向けた取り組みを続けるとしています。

このニュースは、ゲーム業界におけるUbisoftの強固な地位を示すものであり、特に新作ゲームの成功が同社の財務成績に大きく寄与していることがわかります。Ubisoftが今後も強力な四半期業績を期待していることから、ゲーム業界全体の成長とイノベーションへの期待が高まっています。

Ubisoftの成功は、ライブサービスタイトルの重要性を再確認するものでもあります。「レインボーシックス シージ」のようなタイトルが継続的な収益を生み出していることは、無料プレイモデルと有料モデルのバランスが業界において重要な戦略的選択であることを示しています。また、UbisoftがVRに対する関心を冷却していることは、技術と市場の受容度の間のギャップに対する認識を示しており、今後の投資と開発の方向性に影響を与える可能性があります。

このニュースは、ゲーム開発者や投資家にとって、市場の動向や消費者の嗜好の変化を理解する上で重要な指標となります。また、Ubisoftのような大手ゲーム会社の戦略は、中小企業やスタートアップにとっても参考になる可能性があります。長期的には、Ubisoftの成功がゲーム業界のイノベーションを促進し、新しいゲーム体験の開発につながることが期待されます。しかし、市場の変動や技術の進化に伴うリスクも常に存在し、業界全体がこれらの挑戦にどのように対応していくかが注目されています。

from Ubisoft beats its sales targets in Q3, net bookings at $675M.

SNSに投稿する

ホーム » VR/AR » VR/ARニュース » Ubisoft、売上予想を大幅に上回る – 新作ゲームが好調に貢献

“Ubisoft、売上予想を大幅に上回る – 新作ゲームが好調に貢献” への1件のコメント

  1. 伊藤 明のアバター
    伊藤 明

    Ubisoftのこの四半期の財務報告は、まさにゲーム業界の活力を示すものだと思いますね。特に「アサシン クリード ミラージュ」や「アバター:フロンティア オブ パンドラ」のような大作が予想を上回るパフォーマンスを見せたことは、高品質なゲームへの市場の需要が非常に高いことを示しています。私の電気店でも、こういったゲームの発売時には顧客の関心が高まり、売り上げにも良い影響を与えてくれますから、Ubisoftの成功は業界全体にとっても良いニュースです。

    ライブサービスタイトルの成功についても注目しています。「レインボーシックス シージ」のようなゲームは、継続的な収益源となり得ることが証明されていますし、これは小さな電気店を経営する私にとっても、顧客に継続的なサービスや商品を提供することの重要性を改めて認識させてくれます。

    VRへの関心が冷え込んでいるとのことですが、これは技術と市場のギャップを考える上で重要なポイントですね。新しい技術に対する消費者の反応は予測が難しいものですが、店舗経営者としては、こうした市場の動向を注意深く見守り、顧客のニーズに合った商品を提供していくことが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です