Google副社長が語るAI製品展開の挑戦:完璧を求めず、修正を重ねる道を選択

Google副社長が語るAI製品展開の挑戦:完璧を求めず、修正を重ねる道を選択 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-06-14 07:10 by admin

Googleの検索担当副社長であるLiz Reidは、人工知能(AI)製品の展開において、常にすべての問題を発見できるわけではないと社員に伝えた。

Reidは、問題が発見され次第、それを修正することでAI製品を推進し続けるべきだと強調した。最近、GoogleのAI Overviewツールがユーザーに対して無意味な回答を提供したことで批判を受けた。

Googleは、OpenAIやMicrosoftとの競争において、AIをより積極的にインターネット検索に統合することで、新しい製品や機能を急いで市場に投入している。

AI Overviewは、Google検索の最上部にクエリの要約を表示する機能であり、Sundar Pichai CEOによって検索における25年で最大の変化と称されたが、限定的なユーザーに対して公開された後、不正確な回答やユーザーがオプトアウトできない問題が指摘された。

Googleは、AI製品の展開において、問題や誤りを受け入れる姿勢を示している。Reidは、ウェブの規模で毎日数十億のクエリがある中で、奇妙な結果やエラーが発生することは避けられないと述べ、社内でのテストや「レッドチーミング」を通じて技術の脆弱性を事前に特定する努力を強調した。また、問題の報告を促すために、社員に内部リンクを提供している。

【編集者追記】AI Overviewとは?

AI Overviewは、Googleが2024年5月に発表した新しい検索機能です。従来の検索結果に加えて、ユーザーの検索クエリに対してAIが生成した要約や回答を検索結果の上部に表示するものです。主な特徴は以下の通りです。

  1. Googleが独自開発した大規模言語モデル「Gemini」を活用し、ウェブ上の情報を要約して回答を生成します。
  2. 複雑な質問にも対応でき、関連情報を組み合わせて回答を生成できます。
  3. 検索結果の上部にAIによる要約が表示され、さらに詳しい情報へのリンクも提供されます。
  4. 検索の精度を高めるため、Googleの従来の検索ランキングシステムと連携しています。
  5. 2024年末までに10億人以上のユーザーが利用できる予定です。

一方で、一部の奇妙な回答が報告されており、Googleは品質改善に取り組んでいます。 AI Overviewは検索体験の向上を目指す実験的な機能ですが、課題も残されています

Google I/O ’24 in under 10 minutes

【関連記事】

AI Overviewに関する記事をinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

Googleの検索担当副社長であるLiz Reidは、人工知能(AI)製品の開発と展開において、すべての問題や誤りを事前に発見することは常に可能ではないと社員に伝えました。この発言は、AI技術をより積極的にインターネット検索に統合しようとするGoogleの現在の方針を反映しています。特に、GoogleはOpenAIやMicrosoftとの競争において、新しいAI製品や機能を迅速に市場に投入することに注力しています。

最近、GoogleがリリースしたAI Overviewツールは、ユーザーからのクエリに対して無意味な回答を提供するなど、不正確な結果を引き起こしたことで批判を受けました。このツールは、Google検索の最上部にクエリの要約を表示する機能であり、Sundar Pichai CEOによって検索における25年で最大の変化と称されましたが、その導入は一部のユーザーに限定されていました。

Reidは、ウェブの規模で毎日数十億のクエリがある中で、奇妙な結果やエラーが発生することは避けられないと述べ、社内でのテストや「レッドチーミング」を通じて技術の脆弱性を事前に特定する努力を強調しました。レッドチーミングとは、技術やシステムのセキュリティを強化するために、外部からの攻撃を想定したテストを行うことです。

このアプローチは、AI技術の急速な進化とその応用範囲の拡大を考えると、重要な意味を持ちます。AI製品を迅速に市場に投入することで、実際の使用状況における問題を早期に特定し、改善する機会を得ることができます。しかし、このプロセスにはリスクも伴います。不正確な情報や誤解を招く結果が公になれば、ユーザーの信頼を損なう可能性があります。

Googleのような大手企業がAI技術の開発においてリスクを受け入れる姿勢を示すことは、業界全体に影響を与える可能性があります。一方で、このようなアプローチは、AI技術の可能性を最大限に引き出し、新しい応用を模索する上で不可欠です。将来的には、より高度なAIによって、より正確で有用な情報提供が可能になるでしょう。しかし、その過程で発生する問題や誤りに対しては、迅速かつ適切な対応が求められます。

このような背景から、Googleが取り組むAI技術の開発と展開は、技術の進化だけでなく、社会への影響や倫理的な問題にも注意を払いながら進められるべきであると言えます。AI技術のポテンシャルを最大限に活用するためには、技術的な改善だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションや透明性の確保も重要な要素となります。

from Google search head says ‘we won’t always find’ mistakes with AI products and have to take risks rolling them out.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » AI(人工知能) » AI(人工知能)ニュース » Google副社長が語るAI製品展開の挑戦:完璧を求めず、修正を重ねる道を選択

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です