Webで完結、Luma AI Dream Machine、SoraよりもKlingよりも身近に使える動画生成AI

Webで完結、Luma AI Dream Machine、SoraよりもKlingよりも身近に使える動画生成AI - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-06-17 18:33 by admin

はじめに

OpenAISoraKuaishou TechnologyKlingに続き、動画生成AIの新たな選択肢として注目を集めているのがLuma AIDream Machineです。
Webブラウザから誰でも無料で高品質な動画生成を体験できるDream Machineは、動画コンテンツ制作の民主化を大きく前進させるツールとして期待されています。

さっそく作ってみた

まずはこちらをご覧ください。

密林をかき分けた先で、新人類からイノベーションを!みたいなプロンプトを入れて2分くらいで生成してもらいました。(すげぇ!)

こちらはDream Machinに
「A spaceship returns from distant space, and below it, humans are living on the blue Earth.」と打ち込んでみた結果です。(2024/6/14 6:39追記)

Dream Machineの特徴と使い方

Dream Machineは、テキストプロンプトや画像から5秒・120フレーム(24fps)の高品質な動画を最速120秒で生成できます。
人物や動物の自然な動き、流れるようなカメラワーク、リアルな照明効果など、物理的に正確で一貫性のあるアクション満載のシーンを実現します。使い方は非常にシンプルです。

Dream MachineのサイトにアクセスしてGoogleアカウントでログインし、テキストプロンプトを入力するか画像をアップロードするだけ。あとは120秒ほど待てば、動画が生成されます。無料プランでは月30本の動画作成が可能ですが、ピーク時には待ち時間が長くなることもあるようです。

有料プランの機能と料金

Dream Machineには、無料プランの他に有料プランも用意されています。

  • Standard プラン(29.99米ドル/月):月120本の動画作成が可能
  • Pro プラン(99.99米ドル/月):月400本の動画作成が可能

有料プランでは、無料プランよりも多くの動画を作成できるだけでなく、優先的に動画生成を行ってもらえるため、待ち時間が短縮されるメリットがあります。また、商用利用を行う場合は、有料プランへの加入が必須となっています。クリエイターやビジネスでの本格的な活用を考えている方は、有料プランがおすすめです。

開発元Luma Labs社の挑戦

Dream Machineを開発したのは、カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くLuma Labs社です。2021年の設立以来、写真から高品質な3Dモデルを自動生成するiPhoneアプリ版Luma AIの開発を経て、今回のDream Machine登場に至りました。
「3Dモデリングの民主化」を掲げるLuma Labs社の挑戦は、Dream Machineによって新たなステージに突入したと言えるでしょう。

Introducing Luma Dream Machine – Next Generation AI Video

技術的な特徴と今後の展望

Dream Machineは、スケーラブルで効率的なマルチモーダルTransformerアーキテクチャを採用し、動画によるトレーニングにより時間的整合性のある自然な表現を実現しているのが特徴です。現在はResearch Previewという位置づけで、動画尺が5秒・解像度が1360×752程度など制約はありますが、今後の発展に大きな期待が寄せられています。

SoraやKlingとの比較

OpenAIのSoraは60秒の動画生成が可能で、高度なカスタマイズ性を備えていますが、一般公開のメドは立っていません。
一方、Kuaishou TechnologyのKlingは2分・1080p・30fpsの高品質動画をオープンアクセスで提供していますが、中国国内からのみ利用可能という制約があります。

Dream Machineは動画尺こそ5秒と短いものの、Webブラウザから誰でも無料で利用できる点が大きな強みです。
有料プランを活用すれば、より多くの動画を高速に生成できるため、クリエイターやビジネスでの活用の幅が広がります。

まとめ

Luma Labs社のDream Machineは、動画生成AIの新たな選択肢として大きな注目を集めています。
SoraやKlingと比べると動画尺などの制約はあるものの、Webブラウザから誰でも無料で利用できる点は革新的です。有料プランを活用すれば、より多くの動画を高速に生成できるため、クリエイターやビジネスでの本格的な活用も可能です。

「3Dモデリングの民主化」を掲げるLuma Labs社の挑戦は、Dream Machineによって新たなステージに突入しました。
ユーザーの創造力を存分に発揮できる環境を提供し、動画コンテンツ制作の在り方を根底から変える可能性を秘めています。ぜひ無料プランを活用して、Dream Machineの可能性を体感してみてください。

【参考リンク】
Dream Machine(外部)

【参考動画】

Luma AI Dream Machine
New Luma AI Dream Machine Image to Video is Insane!
無料で使えるうちに試して!OpenAIのSoraよりも先にリリースされたLuma AIのMachineDreamで動画を生成する方法!2024年の最新版の動画の作り方😊これが動画生成AIの最前線

【関連記事】

動画+AIに関する記事をinnovaTopiaでもっと読む

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » AI(人工知能) » AI(人工知能)ニュース » Webで完結、Luma AI Dream Machine、SoraよりもKlingよりも身近に使える動画生成AI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です