Salesforceの「Tiny Giant」、巨大AIを凌駕する10億パラメータの新モデル発表!

Salesforceの「Tiny Giant」、巨大AIを凌駕する10億パラメータの新モデル発表! - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-04 06:37 by admin

Salesforceが新しいAIモデルxLAM-1B「Tiny Giant」を発表しました。

このモデルは10億のパラメータを持ちながら、OpenAIAnthropicなどの業界リーダーの大型モデルを機能呼び出しタスクで上回る性能を示しています。

Salesforce AI Researchによるデータキュレーションの革新的なアプローチが、この成果の背景にあります。APIGenという自動化パイプラインを開発し、高品質で多様性に富み、検証可能なデータセットを生成してAIモデルを訓練しました。

このモデルの小さなサイズは、大型モデルが実用的でないオンデバイスアプリケーションに適しており、企業のAIにとって重要な意味を持ちます。

xLAM-1Bの性能の鍵は、訓練データの質と多様性にあります。APIGenパイプラインは、3,673の実行可能なAPIを21の異なるカテゴリーで利用し、各データポイントを厳格な三段階の検証プロセスにかけました。

Salesforceのこの方法は、AI開発戦略における重要な転換点を示しています。より賢いデータキュレーションにより、競合他社よりもはるかに少ないパラメータで複雑なタスクを実行できるモデルを作成しました。

この成果は、小型で効率的なモデルが大型モデルと競合できることを示し、AI業界の既存の考え方に挑戦しています。

また、xLAM-1Bの成功は、オンデバイスAIアプリケーションの開発を加速させる可能性があります。

現在、多くの高度なAI機能は、モデルのサイズと複雑さのためにクラウドコンピューティングに依存していますが、xLAM-1Bのような小型モデルが同様の機能を提供できれば、ユーザーのデバイス上で直接動作するより強力なAIアシスタントを実現できます。

SalesforceのCEO、Marc Benioffは、この成果をTwitterで祝福し、「オンデバイスエージェントAI」の可能性を強調しました。この開発は、AIの未来を再考するきっかけとなり、リソースが限られた環境でのAIアプリケーションの新たな可能性を開くことになるかもしれません。

【編集者追記】用語解説

  • パラメータ
    AIモデルの「パラメータ」とは、モデルが学習過程で調整する数値のことです。これらの数値が、モデルの知識や能力を表現します。パラメータ数が多いほど、モデルはより複雑な情報を処理できる可能性がありますが、同時に計算リソースも多く必要とします。
  • APIGen
    Salesforceが開発した自動データ生成システムで、高品質で多様な関数呼び出しのデータセットを作成します。これにより、AIモデルの学習効率が大幅に向上します。
  • オンデバイスAI
    クラウドサーバーではなく、ユーザーの端末(スマートフォンやパソコンなど)で直接AIの処理を行うことを指します。これにより、プライバシーの向上や応答速度の改善が期待できます。

【参考リンク】
Salesforce(セールスフォース)オフィシャルサイト(外部)

【関連記事】

AI(人工知能)ニュースをinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

Salesforceが新たに開発したAIモデル「xLAM-1B」、通称「Tiny Giant」が、AI業界における一大ニュースとなっています。このモデルは、わずか10億のパラメータを持つにも関わらず、OpenAIやAnthropicなどの業界リーダーが開発した、パラメータ数が7倍以上の大型モデルを機能呼び出しタスクで上回る性能を発揮しました。

この成果の背景には、Salesforce AI Researchによるデータキュレーションの革新的なアプローチがあります。彼らはAPIGenという自動化パイプラインを開発し、高品質で多様性に富み、検証可能なデータセットを生成してAIモデルを訓練しました。このアプローチにより、xLAM-1Bは、その小さなサイズにもかかわらず、大型モデルと同等、あるいはそれ以上の性能を発揮することが可能になりました。

このモデルの小さなサイズは、特にオンデバイスアプリケーションにおいて大きな意味を持ちます。従来、多くの高度なAI機能は、そのサイズと複雑さのためにクラウドコンピューティングに依存していましたが、xLAM-1Bのような小型モデルが提供できる機能により、ユーザーのデバイス上で直接動作する強力なAIアシスタントの実現が可能になります。これは、応答時間の改善や、クラウドベースのAIに関連するプライバシーの懸念を解消することにも繋がります。

この開発は、AI業界における既存の考え方、つまり「より大きなモデルが常により良い」という考えに挑戦しています。小型で効率的なモデルが大型モデルと競合できることを示したことで、AIモデルの最適化に焦点を当てた新たな研究の波が生まれる可能性があります。これは、高度なAI機能に必要な膨大な計算リソースを削減することにも繋がるかもしれません。

さらに、この成功は、エッジコンピューティングやIoTデバイスの普及に伴い、強力なオンデバイスAI機能への需要が高まる中で、AI開発の新たな波を引き起こす可能性があります。特定のタスクに特化した超効率的なモデルの開発により、より分散したAIエコシステムが実現し、より堅牢で反応が早く、プライバシーを尊重するAIサービスが提供されるかもしれません。

Salesforceのこの成果は、AIの未来において、大型モデルが常に優れているわけではなく、小型でも効率的なモデルが重要な役割を果たすことを示しています。AIの未来はクラウドだけにあるのではなく、私たちの手の中にもあるのかもしれません。

from Salesforce proves less is more: xLAM-1B ‘Tiny Giant’ beats bigger AI Models.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » AI(人工知能) » AI(人工知能)ニュース » Salesforceの「Tiny Giant」、巨大AIを凌駕する10億パラメータの新モデル発表!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です