生成AIがスマホ並み普及へ、Anthropicが未来の働き方革新を牽引

生成AIがスマホ並み普及へ、Anthropicが未来の働き方革新を牽引 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-11 08:55 by admin

Anthropicの共同創設者であり最高科学責任者のJared Kaplanは、VentureBeatのTransform 2024カンファレンスで、生成AI技術がスマートフォンと同じくらい一般的になり、オンデマンドのカスタムソフトウェアを可能にすることで、私たちの働き方、遊び方、技術とのやり取りの方法を変えるだろうと述べた。

Anthropicは、質問に答えるだけでなく、ツールやコンテンツの構築に積極的に協力する未来を示唆する「Artifacts」という機能を通じて、既にその道を切り開いている。

Kaplanは、Anthropicが責任ある開発に焦点を当てていることを強調し、同社の憲法AIに関する取り組みを引き合いに出し、信頼性の高いAIの実現を目指している。

Artifactsは、AIとの新しい相互作用のパラダイムの始まりを示しており、ユーザーはAIと単にチャットするだけでなく、具体的な成果物を共同で作成できる。

これは、AIを高度な検索エンジンから創造的なパートナーへと進化させ、ソフトウェア開発とコンテンツ作成のアプローチを根本から変える可能性がある。

Kaplanは、AIが事前に構築されたソフトウェアを使用するだけでなく、ユーザーと協力して必要なソフトウェアをオンデマンドで作成する未来を描いた。

しかし、特にAIエージェントに関しては、多くの場合、人々が高リスクまたは高価値のユースケースでAIに自律的に任せる準備ができていないと認めている。

Anthropicは、Claude 3.5 Sonnetというモデルを通じて、エージェントのコーディングタスクにおける精度を以前のモデルに比べて2〜3倍向上させたと主張している。

これは、複雑なコードベースをナビゲートし、複数の変更を加え、作業を検証するテストを実行できるAIエージェントにとって、大きな進歩である。

Kaplanは、AIの展開における徹底的な評価の重要性を強調し、Anthropicが事実の正確性から様々なデータタイプの解釈能力まで、内部および業界標準のテストを用いてAIを評価していることを明らかにした。

また、複雑なマルチターン会話やマルチツールの相互作用を評価するAnthropicのアプローチについても語り、これらの評価がAIから期待される能力の境界を押し広げていることを示した。

Kaplanは、これらの高度な評価技術を顧客によりアクセスしやすくすることについても熱意を示し、企業がAIの採用と実装に関するより情報に基づいた決定を下すことを可能にする。

Anthropicのビジョンは、より賢いAIを作るだけでなく、コーディングから創造的なタスクまで、人間と真に協力できるAIシステムを育成することにある。

【編集者追記】用語解説

  • 生成AI(Generative AI)
    テキスト、画像、音声などの新しいコンテンツを作成できる人工知能技術です。人間が入力したプロンプト(指示)に基づいて、オリジナルのコンテンツを生成します
  • Anthropic(アンソロピック)
    2021年に設立された人工知能の研究開発企業です。OpenAIの元幹部らによって創設され、AIの安全性と倫理的な開発に重点を置いています
  • Claude
    Anthropicが開発した大規模言語モデル(LLM)を使用したAIアシスタント(チャットボット)です。OpenAIのChatGPTやGoogleのGeminiと競合しています

【参考リンク】
Anthropicオフィシャルサイト(外部)
Claude AI(外部)

【関連記事】

Perplexityに関する記事をinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

Anthropicの共同創設者であり最高科学責任者のJared Kaplanは、生成AI技術が私たちの生活におけるスマートフォンと同様に一般的な存在になり、オンデマンドでカスタムソフトウェアを作成することが可能になると述べました。この技術は、働き方、遊び方、そして技術とのやり取りの方法を根本から変える力を持っています。

Anthropicは、「Artifacts」という機能を通じて、AIが単に質問に答えるだけでなく、ツールやコンテンツの構築に積極的に協力する未来を示唆しています。この取り組みは、AIを使った開発の責任ある進行に焦点を当てており、信頼性の高いAIの実現を目指しています。特に、Anthropicは憲法AIに関する取り組みを通じて、解釈可能性の分野で先駆者となっています。

Artifactsは、AIとの相互作用の新しいパラダイムを示しており、AIを単なる高度な検索エンジンから創造的なパートナーへと進化させる可能性を秘めています。これにより、ソフトウェア開発とコンテンツ作成のアプローチが根本から変わるかもしれません。

Kaplanは、AIがユーザーと協力して必要なソフトウェアをオンデマンドで作成する未来を描いていますが、AIエージェントに対する人々の信頼の構築が課題であることも認めています。特に、高リスクまたは高価値のユースケースでの自律的なAIの使用に対する準備がまだ整っていないとのことです。

Anthropicは、Claude 3.5 Sonnetというモデルを通じて、AIエージェントのコーディングタスクにおける精度を大幅に向上させました。これにより、AIエージェントは複雑なコードベースをナビゲートし、複数の変更を加え、作業を検証するテストを実行できるようになります。これは、ソフトウェア開発における大きな進歩を意味します。

Kaplanは、AIの展開における徹底的な評価の重要性を強調しました。Anthropicは、事実の正確性から様々なデータタイプの解釈能力まで、内部および業界標準のテストを用いてAIを評価しています。これにより、AIの能力を正確に理解し、信頼性を確保することが可能になります。

この技術の進展は、ソフトウェア開発、コンテンツ作成、そして日常業務の効率化に大きな影響を与える可能性があります。しかし、その一方で、AIの安全性、倫理性、そして人間との協力関係の構築に関する課題も伴います。これらの課題に対処するためには、技術の進歩と同じくらいの速さで、規制やガイドラインの整備が求められるでしょう。長期的には、このようなAI技術が社会にどのように統合され、人間の能力をどのように拡張するかが、重要な議論のトピックとなるはずです。

from Bespoke software on demand: Anthropic’s AI-powered future.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » AI(人工知能) » AI(人工知能)ニュース » 生成AIがスマホ並み普及へ、Anthropicが未来の働き方革新を牽引

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です