「CloudSorcerer」ロシア政府を狙う新たなサイバー諜報活動発覚

「CloudSorcerer」ロシア政府を狙う新たなサイバー諜報活動発覚 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-09 10:46 by admin

Kasperskyの研究者たちは、新たに発見されたサイバー諜報活動を行うグループ「CloudSorcerer」を追跡している。このグループは、ロシア連邦の政府機関を標的にしており、実行環境に基づいて振る舞いを変えることができる高度なマルウェアを使用している。CloudSorcererは、公共のクラウドサービスをコマンド&コントロール(C2)サーバーとして利用し、Microsoft Graph API、Dropbox、Yandexクラウドなどの合法的なクラウドサービスを通じてデータの盗取と送信を行っている。このマルウェアは、データ収集モジュールと通信モジュールの2つの異なるモジュールとして機能するように設計されている。攻撃者は、GitHub上の初期C2サーバーと通信することから攻撃を開始する。Kasperskyは、CloudSorcererのマルウェアがプロセスの文脈に基づいて動的に振る舞いを変える能力を持つことを指摘している。

【ニュース解説】

新たに発見されたサイバー諜報活動を行うグループ「CloudSorcerer」が、ロシア連邦の政府機関を標的にしています。このグループは、特に高度なマルウェアを使用しており、その最大の特徴は、実行環境に応じて振る舞いを変える能力にあります。このマルウェアは、公共のクラウドサービスを利用してコマンド&コントロール(C2)サーバーとして機能し、Microsoft Graph API、Dropbox、Yandexクラウドなどの合法的なクラウドサービスを通じてデータの盗取と送信を行っています。

この攻撃手法の背景には、クラウドサービスの普及があります。クラウドサービスは、企業や政府機関にとって多くのメリットを提供しますが、同時にセキュリティ上の課題も提起しています。攻撃者は、これらの合法的なサービスを悪用して、検出を避けながら機密情報を盗み出すことが可能になっています。

CloudSorcererのマルウェアは、データ収集モジュールと通信モジュールの2つの異なる機能を持っており、攻撃者はこれを利用してターゲットのシステムから情報を収集し、そのデータをC2サーバーに送信します。このプロセスは、GitHub上の初期C2サーバーとの通信から始まります。このようにして、攻撃者はターゲットの監視とデータの盗取を行います。

この攻撃キャンペーンの特徴は、マルウェアがプロセスの文脈に基づいて動的に振る舞いを変える能力を持っている点にあります。これにより、マルウェアの検出を困難にし、攻撃の成功率を高めることが可能になります。また、公共のクラウドサービスを利用することで、攻撃の足跡を隠しやすくなっています。

このような攻撃手法の登場は、企業や政府機関にとって新たなセキュリティ上の課題を提示しています。特に、クラウドサービスを利用する際のセキュリティ対策の重要性が強調されます。組織は、外部からのトラフィックだけでなく、内部からのトラフィックにも注意を払い、不審な通信を検出できるようにする必要があります。また、クラウドサービスの安全な使用に関するガイドラインの策定と従業員への教育も重要です。

長期的には、このような攻撃手法の進化に対応するために、AIや機械学習を活用したセキュリティソリューションの開発が進むことが予想されます。これらの技術を利用することで、動的に変化する脅威に迅速に対応し、検出と防御の精度を高めることができるでしょう。しかし、攻撃者もまた新たな手法を開発し続けるため、セキュリティ対策は常に進化し続ける必要があります。

from 'CloudSorcerer' Leverages Cloud Services in Cyber Espionage Campaign.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » 「CloudSorcerer」ロシア政府を狙う新たなサイバー諜報活動発覚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です