極端な野火が2倍に増加、地球規模での対策が緊急課題に

極端な野火が2倍に増加、地球規模での対策が緊急課題に - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-09 10:45 by admin

過去20年間で、地球上の極端な野火の頻度と強度が2倍に増加したことが、最新の研究により明らかになった。この研究は、タスマニア大学の研究者によって行われ、2003年から2023年までの21年間に発生した火災のエネルギーを、衛星ベースのセンサーを用いて計測した。計測された30万件の火災イベントの中から、最もエネルギーを放出した上位0.01パーセントにあたる2,913件を「最も極端な」野火として選定し、これらの野火が過去20年間で倍増していることを確認した。2017年以降、極端な野火の年間発生数が最も多かった6年間が記録され、2022年を除くすべての年であった。

さらに、これらの極端な野火は強度も増しており、最近の極端な野火は、研究期間開始時に極端と分類されたものの2倍のエネルギーを放出している。この研究結果は、毎年焼失する森林の面積がわずかに増加しており、それに伴い森林の炭素排出量が増加しているという他の最近の証拠と一致している。また、焼失地の高度な焼失率が全世界的に増加している。

地域によっては、特に極端な野火の増加が顕著であり、ボレアル林や温帯針葉樹林が、極端な野火の全体的な増加を牽引している主要な生態系タイプとして特定された。これらの地域では、焼失面積の増加と高度な焼失率の増加が特に顕著である。一方で、地中海周辺の温帯広葉樹林では、火災活動と挙動の大きな変化は見られないが、火災に弱い地域に住宅が建設されることが人間のリスクを高め、災害につながる可能性がある。

この新たな証拠は、森林政策や管理、そしてもちろん気候変動など、悪化する野火活動の根本原因に対処する緊急性を強調している。これにより、従来の消火方法ではほぼ対処不可能なこれらの極端な火災に対して、より良く準備することができるだろう。

【ニュース解説】

過去20年間で、地球上の極端な野火の頻度と強度が2倍に増加したという最新の研究結果が発表されました。この研究は、タスマニア大学の研究者たちによって行われ、衛星ベースのセンサーを用いて2003年から2023年までの21年間に発生した火災のエネルギーを計測しました。その結果、全火災イベントの中から最もエネルギーを放出した上位0.01パーセントにあたる2,913件を「最も極端な」野火として選定し、これらが過去20年間で倍増していることを確認しました。

この研究結果は、森林の焼失面積のわずかな増加とそれに伴う森林の炭素排出量の増加、さらには焼失地の高度な焼失率の全世界的な増加という他の最近の証拠と一致しています。特に、ボレアル林や温帯針葉樹林が極端な野火の増加を牽引している主要な生態系タイプとして特定され、これらの地域では焼失面積の増加と高度な焼失率の増加が特に顕著です。

このような極端な野火の増加は、森林政策や管理の見直し、そして気候変動への対策の緊急性を強調しています。従来の消火方法では対処が困難なこれらの火災に対して、より効果的な準備と対策が求められています。

極端な野火の増加は、自然環境だけでなく、人間社会にも大きな影響を及ぼします。森林の破壊は生物多様性の喪失を引き起こし、炭素排出量の増加は気候変動をさらに悪化させる可能性があります。また、人間の居住地域への拡大は、人命や財産へのリスクを高めます。

この問題に対処するためには、地球規模での気候変動対策の強化、森林管理の改善、そして火災予防と早期発見システムの充実が必要です。また、火災に弱い地域における建築基準の見直しや、火災発生時の迅速な避難計画の策定も重要です。

長期的には、気候変動の進行を抑制し、自然環境との共生を目指した持続可能な社会の構築が、極端な野火の増加に対処する上での根本的な解決策となるでしょう。

from Extreme Wildfires Have Doubled in Frequency and Intensity in the Past 20 Years.

SNSに投稿する

ホーム » サステナブル » サステナブルニュース » 極端な野火が2倍に増加、地球規模での対策が緊急課題に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です