中つ国の平和を楽しむ「Tales of the Shire」、今年発売予定

中つ国の平和を楽しむ「Tales of the Shire」、今年発売予定 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-06-20 07:18 by admin

Tales of the Shire」は、中つ国のホビットコミュニティに焦点を当てた心地よいゲームで、Weta Workshopから今年リリースされる予定である。

J.R.R. トールキンの「中つ国」、「指輪物語」、「ホビットの冒険」に基づいているが、ダークロードやオークの襲撃の心配はない。このゲームは、ビルボ・バギンズのホビット庄に近いバイウォーターの町を舞台にしており、

中つ国でおそらく唯一平和な地域であるシャイアの一部である。美しい3Dアニメーションの風景と、おとぎ話にいるような感覚を与える音楽が特徴である。

プレイヤーはホビットとしてプレイし、家の装飾、作物の栽培と収穫、美味しいホビットの食事の調理などを行う。また、川や池で魚を捕まえたり、自分の動物を育てたり、店で肉を購入することもできる。シャイアの田園地帯を探索し、バイウォーター祭りの準備を手伝うこともゲームの一部である。

このゲームは、以前にライセンスされた「The Lord of the Rings: Return to Moria」や「The Lord of the Rings: Gollum」などとは異なり、リラックスできるゲームを好む人に適している。PlayStation 5、Xbox Series X/S、Steam(PC)、Nintendo Switch、Netflix Gamingでリリースされる予定である。

最新の資金調達ラウンドには、Varsity Capital、EIC Fund、Verve Venturesなどが投資し、360 Capital、BpifranceのDigital Venture Fund、BNP Paribas Développementなどの既存投資家も参加している。C12には18か国から45人の従業員がおり、そのうち22人が博士号を持っている。

【編集者追記】用語解説

  • J.R.R.トールキン
    20世紀のイギリスの作家で、「ホビットの冒険」や「ロード・オブ・ザ・リング」などのファンタジー小説で知られています。トールキンが創造した架空の世界「中つ国」は、現在でも多くのファンを魅了し続けています。
  • ホビット
    トールキンの小説に登場する、平和を愛する小柄な種族です。ホビットは、緑豊かな「ホビット庄」と呼ばれる地域で、のんびりとした生活を送っています。
  • Wētā Workshop
    ニュージーランドのウェリントンに本拠を置く特殊効果・プロップ制作会社です。「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」の映画シリーズで、リアルなミニチュアや美しいCGを駆使した特殊効果を担当しました。
  • Private Division
    アメリカのゲーム大手Take-Two Interactiveの子会社で、インディーズゲームの発掘・育成に注力しているパブリッシャーです。「Kerbal Space Program」や「The Outer Worlds」などの人気作を手がけています。

【参考リンク】
Private Divisionオフィシャルサイト(外部)

【関連記事】

テクノロジーとエンターテイメントニュースをinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

「Tales of the Shire」は、J.R.R. トールキンの創造した中つ国を舞台にした新しいゲームで、特にホビットのコミュニティに焦点を当てた心地よい体験を提供します。このゲームは、Weta Workshopによって開発され、今年リリースされる予定です。プレイヤーはホビットとして、美しい3Dアニメーションで描かれたシャイアの田園地帯を探索し、日常の楽しみを味わいます。

このゲームの特徴は、戦闘や暗いストーリーラインを避け、平和で穏やかな生活を楽しむことに重点を置いている点です。プレイヤーは家を装飾したり、作物を栽培・収穫したり、美味しい食事を調理したりすることができます。また、釣りや動物の飼育など、自給自足の生活を楽しむことも可能です。

このゲームは、以前にリリースされた「The Lord of the Rings: Return to Moria」や「The Lord of the Rings: Gollum」などのアクションや冒険を中心としたゲームとは一線を画しています。リラックスしたゲームプレイを好むプレイヤーにとって、新鮮で魅力的な選択肢となるでしょう。

「Tales of the Shire」のリリースは、ゲーム業界におけるトレンドの一つである「コージーゲーム」の人気を反映しています。ストレスの多い現代社会において、プレイヤーは穏やかで心地よい体験を求めており、このゲームはそのニーズに応えるものです。

しかし、このようなゲームのリリースは、ゲーム開発者やパブリッシャーにとって新たな挑戦でもあります。従来のアクションや冒険中心のゲームとは異なり、プレイヤーの関心を引きつけ続けるためには、ゲームプレイの質や物語の深さが重要になります。また、このゲームの成功は、将来的に同様のコンセプトのゲームが増える可能性を示唆しています。

長期的な視点で見ると、「Tales of the Shire」のようなゲームは、ゲーム業界における多様性の拡大を促進し、異なるタイプのプレイヤーを引き寄せることができるでしょう。また、ゲームを通じてトールキンの世界を新たな視点から体験できることは、ファンにとっても魅力的な点です。ただし、このようなゲームの開発と普及には時間がかかるため、その影響は徐々に現れることになるでしょう。

from Tales of the Shire is the cozy side of Tolkien | preview impressions.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » テクノロジーとエンターテイメント » テクノロジーとエンターテイメントニュース » 中つ国の平和を楽しむ「Tales of the Shire」、今年発売予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です