「Batman: Arkham Shadow」2024年秋、VRでゴッサムへの招待状

「Batman: Arkham Shadow」2024年秋、VRでゴッサムへの招待状 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-06-22 08:30 by admin

Batman: Arkham Shadowの開発は2020年後半に始まり、2024年秋の発売が予定されている。このプロジェクトには、RocksteadyのメンバーとCamouflajが参加しており、後者は2022年にMetaに買収された。Camouflajは、Iron Man VRの成功を経て、VRゲームデザインにおける実績を持ち、Rocksteadyの元メンバー2人を含む、オリジナルのBatman: Arkhamゲームに関わった人材が開発チームに加わっている。

Batman: Arkham Shadow | Official Story Trailer

開発は2020年の第3四半期に本格化し、今年の終わりに完了する予定である。CamouflajはWarner Bros. Interactiveと協力し、Meta Quest 3向けの独占Batmanタイトルを開発している。このプロジェクトでは、Arkhamフランチャイズの未開発の要素に取り組む自由度があり、Arkhamゲームの要素を忠実に再現することを目指している。Iron Man VRの開発から得た知見が、Batman: Arkham Shadowのデザインに影響を与えている。

ゲームデザインに関しては、Arkham Asylumのような直線的な物語の冒険ゲームを目指しており、オープンワールドではないが、高い自由度を持つ探索可能なエリアが特徴である。プレイヤーは新しいガジェットを手に入れた後、ダンジョンに戻って秘密を解き明かすことができる。

このゲームは、前作に設定された基準に達することができるかどうかが注目されている。

【編集者追記】用語解説

  • Meta Quest 3
    Meta(旧Facebook)が開発・販売する最新のVRヘッドセット。スタンドアロン型で、PCやスマートフォンなしで使用可能。
  • Camouflaj(カモフラージュ):
    VRゲーム開発に特化したスタジオ。「République」や「Marvel’s Iron Man VR」などの作品で知られる。
  • Rocksteady Studios
    「Batman: Arkham」シリーズを開発したイギリスのゲームスタジオ。高品質なアクションゲームで有名。

【参考リンク】
Camouflajオフィシャルサイト(外部)

【関連記事】

VR/ARニュースをinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

2020年後半に開始され、2024年秋のリリースが予定されている「Batman: Arkham Shadow」は、Meta(旧Facebook)の傘下にあるCamouflajによって開発されています。このプロジェクトは、VRゲームデザインにおける豊富な経験を持つCamouflajと、オリジナルの「Batman: Arkham」シリーズに携わったRocksteadyの元メンバー2人が参加していることが特徴です。2022年にMetaに買収されたCamouflajは、以前に「Iron Man VR」を成功させた実績があり、その経験を生かして新たなBatmanタイトルの開発に挑んでいます。

このゲームの開発は、Warner Bros. Interactiveとの協力のもと、Meta Quest 3向けの独占タイトルとして進められています。開発チームは、Arkhamフランチャイズの未開発の要素に挑戦する自由を与えられており、ゲームの要素をVRに忠実に再現することを目指しています。特に、Arkham Asylumにインスパイアされた直線的な物語の冒険ゲームを目標としており、オープンワールドではないものの、プレイヤーが探索できる自由度の高いエリアが特徴です。

「Batman: Arkham Shadow」の開発においては、VRゲーム特有の課題に対処しながら、Arkhamシリーズの核となる要素を維持することが重要視されています。例えば、高速で移動する際の快適さや、VR環境での戦闘システムの実装など、プレイヤーがBatmanとしての体験を存分に楽しめるような工夫が施されています。

このプロジェクトは、VR技術を用いて、プレイヤーにこれまでにない没入感のあるBatman体験を提供することを目指しています。しかし、VRゲーム開発には特有の課題も存在します。例えば、ユーザーのVR酔いを防ぐための工夫や、直感的な操作性の確保など、開発チームは多くの挑戦に直面しています。また、VRゲームとしてのアクセシビリティや、幅広いユーザーに受け入れられるゲームデザインの実現も重要な課題です。

長期的な視点で見ると、「Batman: Arkham Shadow」の成功は、VRゲーム市場における大手企業の参入と、高品質なコンテンツの提供が市場拡大にどの程度寄与するかを示す事例となる可能性があります。また、このプロジェクトは、VR技術の進化とともに、将来的にはさらに多様なジャンルのゲームがVRで楽しめるようになることを示唆しています。しかし、VRゲームの普及には、ハードウェアの普及率の向上や、ユーザー体験の質の向上など、解決すべき課題も多く存在します。

「Batman: Arkham Shadow」のリリースは、VRゲーム業界における重要なマイルストーンとなる可能性があり、その受け入れられ方が今後のVRゲーム開発に与える影響に注目が集まっています。

from ‘Batman: Arkham Shadow’ Development Started in Late 2020, Rocksteady Alums Among the Dev Team.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » VR/AR » VR/ARニュース » 「Batman: Arkham Shadow」2024年秋、VRでゴッサムへの招待状

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です