中国、生成型AI特許で世界を圧倒 – 国連報告書が明かす技術競争の新局面

中国、生成型AI特許で世界を圧倒 – 国連報告書が明かす技術競争の新局面 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-05 07:34 by admin

中国は2014年から2023年にかけて、38,210件の発明で生成型人工知能(AI)の特許申請数で世界をリードしている。

これは、アメリカ(6,276件)、韓国(4,155件)、日本(3,409件)、インド(1,350件)を大きく上回る数である。

生成型AIは、テキスト、画像、音楽、オーディオ、ビデオなどのコンテンツを生成することを可能にするAIの一種である。この分野の特許は、世界のAI特許全体の6%を占めている。

国連の報告書によると、特許申請数の急増は、最近の技術進歩と生成型AI内の潜在的な可能性を反映している。2014年から2023年までのトップ10の生成型AI特許申請者には、Tencent(2,074件)、Ping An Insurance(1,564件)、Baidu(1,234件)が含まれている。

中国は、ChatGPTの所有者であるOpenAIや、Microsoft、AlphabetのGoogle、Amazonなどの米国の技術大手に追いつくため、大規模言語モデル(LLM)の開発に力を入れている。

2022年11月にChatGPTがユーザーのプロンプトに対して人間のような反応を生成する能力で世界を驚かせた後、AlibabaやBaiduを含む中国の技術大手は、米国の競合に挑戦するために自社のLLMを立ち上げた。

中国は、AIチップ、生成型AIの標準を強化し、国家の計算能力を構築することを目指す3年間の「アクションプラン」を2023年5月に発表し、技術的および経済的な発展を促進することを目指している。

画像とビデオデータが17,996件の発明で生成型AI特許を支配しており、テキスト(13,494件)、音声または音楽(13,480件)が続く。国連の報告書は、特許の傾向とデータを分析することで、政策立案者が生成型AIの発展を共通の利益のために形成するのを助けることを目指している。

【編集者追記】用語解説

  • 生成AI(Generative AI):既存のデータから新しいコンテンツを作り出すAI技術。テキスト、画像、音声など様々な形式のデータを生成できます。
  • 世界知的所有権機関(WIPO):知的財産権の保護を推進する国連の専門機関。特許や商標の国際的な保護システムを運営しています。
  • 大規模言語モデル(LLM):膨大な量のテキストデータを学習し、人間のような文章を生成できるAIモデル。ChatGPTなどに使われています。
  • 特許:発明に対して与えられる独占的権利。新しい技術やアイデアを保護し、イノベーションを促進する役割があります。

【参考リンク】
世界知的所有権機関(WIPO)(外部)

【関連記事】

中国に関する記事をinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

中国が2014年から2023年にかけて、生成型人工知能(AI)の特許申請で世界をリードしていることが、国連の最新報告書で明らかになりました。この期間に中国は38,210件の発明を申請し、アメリカ、韓国、日本、インドを大きく上回る数となっています。生成型AIは、テキスト、画像、音楽、オーディオ、ビデオなどのコンテンツ生成を可能にする技術で、世界のAI特許全体の6%を占めています。

この特許申請数の急増は、技術の進歩と生成型AIの潜在的な可能性を示しています。特に、Tencent、Ping An Insurance、Baiduがトップ10の特許申請者に名を連ねており、中国の企業がこの分野でどれだけ積極的に活動しているかがわかります。

ChatGPTのような大規模言語モデル(LLM)が世界的な注目を集める中、中国の技術企業も独自のLLMを開発し、国際競争に参入しています。中国政府は、AIチップや生成型AIの標準を強化し、国家の計算能力を向上させるための3年間のアクションプランを発表するなど、この分野の発展に力を入れています。

この動きは、画像とビデオデータを中心に、テキストや音声、音楽の生成に関する特許が多数申請されていることからも明らかです。これらの技術の進化は、エンターテイメント、教育、情報提供など、さまざまな分野での応用が期待されています。

しかし、この技術の急速な発展は、著作権やプライバシーの問題、偽情報の拡散リスクなど、新たな課題をもたらす可能性もあります。そのため、技術の進歩と共に、これらの問題に対処するための国際的な規制や基準の策定が求められています。

長期的には、生成型AIの発展は、よりパーソナライズされたコンテンツの提供、効率的な情報処理、新しい創造的表現の可能性を広げることでしょう。しかし、その一方で、技術の倫理的な使用を確保し、潜在的なリスクを管理するための国際的な取り組みが重要になってきます。中国がこの分野でリードしている現状は、世界的な技術競争の新たな局面を示しており、今後の動向が注目されます。

from China leads the patents race for generative AI, with Tencent and Baidu topping the list.

SNSに投稿する

author avatar
TaTsu
デジタルの窓口 代表 デジタルなことをまるっとワンストップで
ホーム » AI(人工知能) » AI(人工知能)ニュース » 中国、生成型AI特許で世界を圧倒 – 国連報告書が明かす技術競争の新局面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です