セキュリティ脆弱性トップ10公開、Vonahiが企業の警鐘を鳴らす

セキュリティ脆弱性トップ10公開、Vonahiが企業の警鐘を鳴らす - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-06-12 by admin

Vonahi Securityは「Top 10 Critical Pentest Findings 2024」年次レポートをリリースし、内部ネットワークペンテストの結果と推奨事項を公開した。このレポートでは、Multicast DNS (MDNS) Spoofing、NetBIOS Name Service (NBNS) Spoofing、Link-local Multicast Name Resolution (LLMNR) Spoofing、IPV6 DNS Spoofing、古いMicrosoft Windowsシステム、IPMI認証バイパス、Microsoft Windows RCE (BlueKeep)、ローカル管理者パスワードの再利用、Microsoft Windows RCE (EternalBlue)、Dell EMC IDRAC 7/8 CGI Injection (CVE-2018-1207)などの脆弱性が挙げられている。

vPenTestは、継続的なテストの重要性を強調し、主な機能と利点を提供する。また、無料トライアルも提供している。

サイバーセキュリティのトレンドとして、Muhstik BotnetによるDDoS攻撃の拡大、SASE Threat Reportの主な結果、有名人のTikTokアカウントへのゼロクリック攻撃、新しいPHPの脆弱性、ロシアの電力会社、IT企業、政府機関へのDecoy Dog Trojanの攻撃、マイクロソフトによるAI搭載のRecall機能の改善が報告されている。

サイバーセキュリティリソースとして、CISコントロールとベンチマーク、セキュリティの秘訣、クラウドセキュリティソリューションの評価ガイド、AIリスク管理フレームワーク、SaaSアプリケーションのセキュリティ強化に関する情報が提供されている。

サイバーセキュリティのリスクと対策に関しては、サイバー攻撃の民主化、コンプライアンス専門家のニーズ、ジェネレーティブAI時代のSaaSアプリケーションのセキュリティ、パッチ適用と脆弱性の分離の重要性が語られている。

【ニュース解説】

Vonahi Securityが発表した「Top 10 Critical Pentest Findings 2024」年次レポートは、企業の内部ネットワークにおけるセキュリティの脆弱性を明らかにし、それらを解決するための推奨事項を提供しています。このレポートは、1,200以上の組織で実施された10,000回以上の自動化されたネットワークペネトレーションテスト(ペンテスト)の結果に基づいています。ペンテストは、実際のサイバー攻撃を模倣することで、組織のセキュリティ体制の弱点を特定する有効な手段です。

レポートで特定された主な脆弱性には、Multicast DNS (MDNS) Spoofing、NetBIOS Name Service (NBNS) Spoofing、Link-local Multicast Name Resolution (LLMNR) Spoofing、IPV6 DNS Spoofing、古いMicrosoft Windowsシステム、IPMI認証バイパス、Microsoft Windows RCE (BlueKeep)、ローカル管理者パスワードの再利用、Microsoft Windows RCE (EternalBlue)、Dell EMC IDRAC 7/8 CGI Injection (CVE-2018-1207)が含まれます。これらの脆弱性は、攻撃者がネットワークに侵入し、データを盗み出したり、システムを乗っ取ったりするために悪用される可能性があります。

これらの脆弱性の共通点として、設定の弱点とパッチの不足が挙げられます。設定の弱点は、システムが適切にセキュリティ強化されていないことに起因し、弱いまたはデフォルトの認証情報、不必要に公開されたサービス、過剰なユーザー権限などが含まれます。パッチの不足は、互換性の問題やパッチ管理ソリューション内の設定の問題など、さまざまな理由により発生します。

vPenTestは、これらの脆弱性を特定し、修正するための自動化されたネットワークペネトレーションテストプラットフォームです。このプラットフォームは、内部および外部のテストを実行し、リアルワールドのサイバー脅威をシミュレートすることで、セキュリティ体制に関する貴重な洞察を提供します。詳細でわかりやすいレポートを通じて、特定された脆弱性、それらが組織に与えるリスク、および技術的および戦略的な観点からの修正方法が提供されます。

このレポートの重要な点は、年に一度のテストだけでなく、定期的なテストの重要性を強調していることです。継続的なテストにより、セキュリティリスクがリアルタイムの文脈でどのように重大な妥協につながる可能性があるかを、より近い時期に特定することができます。また、vPenTestは、SOC2、PCI DSS、HIPAA、ISO 27001、サイバー保険要件などの規制コンプライアンス要件を満たすのに役立ちます。

サイバーセキュリティの環境は常に変化しており、新たな脅威が日々出現しています。このような状況の中で、Vonahi SecurityのレポートやvPenTestのようなツールは、組織がセキュリティリスクを効果的に管理し、攻撃者に先んじて対策を講じるために不可欠です。

from Top 10 Critical Pentest Findings 2024: What You Need to Know.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » セキュリティ脆弱性トップ10公開、Vonahiが企業の警鐘を鳴らす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です