Apple、ロシア政府要請に応じVPNアプリ25種を削除、ネットの自由に暗雲

Apple、ロシア政府要請に応じVPNアプリ25種を削除、ネットの自由に暗雲 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-08 20:43 by admin

Appleは2024年7月4日、ロシアの国家通信監視機関であるRoskomnadzorの要請に応じて、ロシアのApp Storeから複数の仮想プライベートネットワーク(VPN)アプリを削除した。削除されたVPNサービスプロバイダーには、ProtonVPN、Red Shield VPN、NordVPN、Le VPNなど25社が含まれる。NordVPNは以前に2019年3月にロシアのサーバーを全て閉鎖している。

Red Shield VPNは、「Appleの行動はロシア市場からの収益を維持したいという動機によるもので、権威主義的な政権を積極的に支援している」と声明で批判した。Le VPNは、そのアプリが監視機関からの公式通知を受け取る前に削除されたとし、2006年7月27日付けの連邦法第149-FZ号「情報、情報技術および情報保護に関する法律」の第15.1条の第7項に従って行われたと述べた。

これらのVPNサービスは、ロシアで公開配布が禁止されているインターネットリソースの「統一登録簿」に含まれている。Le VPNは、第三者のオープンソースソフトウェアと難読化されたVPN接続を使用して秘密のサーバーに接続できる代替サービス「Le VPN Give」を立ち上げた。この動きは、2022年2月に始まったロシア・ウクライナ戦争以来、クレムリンが発表した一連の検閲措置の一部である。

【ニュース解説】

2024年7月4日、Appleはロシア政府の圧力に応じ、ロシアのApp Storeから複数のVPNアプリを削除しました。この措置は、ロシアの国家通信監視機関であるRoskomnadzorの要請に基づくもので、ProtonVPN、Red Shield VPN、NordVPN、Le VPNを含む25のVPNサービスプロバイダーが対象となりました。これは、インターネットの自由とプライバシーを守るための重要なツールであるVPNサービスの利用を制限する動きの一環です。

この措置により、ロシア国内のユーザーはこれらのVPNサービスを通じてインターネットの検閲を回避し、制限されたコンテンツにアクセスすることが難しくなります。VPNサービスは、ユーザーのインターネットトラフィックを暗号化し、そのトラフィックをサーバーを介してリダイレクトすることで、ユーザーのオンライン活動を匿名化し、セキュリティを強化する役割を果たします。そのため、このようなサービスの削除は、表現の自由やプライバシーの保護に対する深刻な打撃となります。

この事件は、ロシア政府がインターネットの監視と制御を強化しようとしていることを示しています。2022年2月に始まったロシア・ウクライナ戦争以来、ロシアは複数のメディアアウトレットやソーシャルメディアアプリに対するブロックを含む一連の検閲措置を発表しています。これらの措置は、情報の流通を制限し、政府に批判的な声を抑えることを目的としていると考えられます。

このような状況の中で、Le VPNは「Le VPN Give」という代替サービスを立ち上げました。このサービスは、第三者のオープンソースソフトウェアと難読化されたVPN接続を使用して、秘密のサーバーに接続することを可能にします。これは、検閲を回避し、インターネットの自由を守るための創造的な試みであり、ユーザーが引き続き情報にアクセスできるようにするための一つの解決策となり得ます。

しかし、このような代替手段が提供されても、政府によるインターネットの監視と制御の強化は、オンラインでの表現の自由やプライバシーの保護にとって依然として大きな課題です。また、企業が政府の圧力に屈することで、権威主義的な政権を支援してしまう可能性も指摘されています。このような状況は、世界中のインターネットの自由とセキュリティに関する議論に新たな焦点を当てることになり、今後のインターネットのガバナンスや規制に関する議論に影響を与える可能性があります。

from Apple Removes VPN Apps from Russian App Store Amid Government Pressure.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » Apple、ロシア政府要請に応じVPNアプリ25種を削除、ネットの自由に暗雲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です