公共安全強化へ: Axonがドローン防衛のDedroneを買収

 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-05-08 by admin

公共安全技術会社のAxonが、ドローン防衛スタートアップのDedroneを買収することを発表した。(2024年5月6日の発表)Dedroneは、政府、法執行機関、初期対応者、および世界中の重要インフラの顧客を増やしており、ウクライナやFIFAワールドカップ、フォーミュラワン・グランプリなどの主要イベントで活動している。この取引は2024年後半に完了する予定であるが、取引条件は公開されていない。

Dedroneは、空港からスタジアム、高プロファイルイベントまで、軍事、政府、商業顧客にサービスを提供しており、スマートエアセキュリティの主要プレイヤーとなっている。その技術は、40都市、30空港、50スタジアム、50矯正施設で米国人口の半分をカバーしており、36カ国、9つの米国連邦機関、35以上の法執行機関での活動がある。Dedroneは2014年に設立され、Axonを含む既存の投資家から合計1億2700万ドルのベンチャーファンドを調達しており、2022年7月にVCファームと共に資金調達ラウンドを共同主導し、Dedroneの取締役会に席を持っていた。

Axonは、Taserやボディカメラ、車載カメラ、クラウドベースのデジタル証拠管理プラットフォームを提供しており、国際、連邦、州、地方の法執行レベルの初期対応者、消防署、矯正施設、司法部門、および商業ビジネスが顧客である。AxonのCEOであるRick Smithは、Dedroneの公共空域の保護活動が同社の使命と一致していると述べた。DedroneのCEOであるAaditya Devarakondaは、同社の技術が政府から公共施設、イベント会場、空港、矯正施設まで、800の異なる場所で展開されていることを指摘した。

Dedroneの主要製品であるDedrone Trackerは、2022年のFIFAワールドカップで900平方キロメートルの空域と44の主要サイトのセキュリティを提供し、Formula One Grand Prixとも協力している。このトラッカーは、65のメーカーからの約200のドローンモデルを検出し、警報を発し、インシデントからのデータを分析して法医学的報告書を作成することができる。また、警察署で現場テストされているファーストレスポンダードローンを導入し、AI駆動の検出装置を備えたプラグアンドプレイ、携帯可能なセットアップレーダーであるDedroneTacticalをデビューさせた。DedroneCityWideは、ドローンのための航空交通管制システムのように機能し、Time誌によって2023年の最高の発明の一つと認められた。過去1年間で、Dedroneの技術は、国土安全保障省によって反テロ活動で使用が承認された唯一の対ドローン技術として特定された。

【編集部追記】
Axon社サイト
米国アリゾナ州スコッツデールに本社を置く公共安全技術企業です。
テーザー銃、ボディカメラ、クラウドソフトウェアなどを提供しています。
2023年売上高は11億ドル、時価総額は90億ドルを超えています。
Dedrone社サイト
サンフランシスコのドローン防御システムスタートアップ企業です。
ドローン検知・追跡・対処システムを開発。ドローン防御のリーディングカンパニー。

Axon + Dedrone: Protecting More Lives in More Places

【ニュース解説】

公共安全技術を提供する企業であるAxonが、ドローン防衛スタートアップのDedroneを買収することを発表しました。このニュースは、ドローン技術が現代の戦争、公共の安全、そして国土安全保障において重要な役割を果たしている現状を背景にしています。Dedroneは、政府機関、法執行機関、初期対応者、そして重要なインフラを顧客としており、ウクライナやFIFAワールドカップ、フォーミュラワン・グランプリなどの大規模イベントでその技術が利用されています。

Dedroneの技術は、空港、スタジアム、高プロファイルイベントなどでサービスを提供しており、スマートエアセキュリティの分野で主要なプレイヤーとなっています。同社の技術は、米国内の40都市、30空港、50スタジアム、50矯正施設を含む、世界36カ国で展開されています。これにより、Dedroneは、ドローンによる脅威から公共の安全を守るための重要な役割を担っています。

この買収により、Axonはその製品ラインを拡大し、公共安全のための技術ソリューションの提供範囲を広げることができます。Axonは、Taser、ボディカメラ、車載カメラ、クラウドベースのデジタル証拠管理プラットフォームなど、法執行機関向けの技術を提供しています。Dedroneの技術との統合により、Axonはドローンによる脅威から公共の安全を守るための新たなソリューションを提供することが可能になります。

この買収は、ドローン技術がもたらすポジティブな側面と潜在的なリスクの両方に対応するための重要なステップです。ドローンは、捜索救助活動や災害時の迅速な情報収集など、多くの有益な用途があります。しかし、同時に、プライバシーの侵害や、悪意のある目的での使用など、新たな脅威も生み出しています。Dedroneの技術は、これらの脅威を検出し、対処するための重要なツールとなり得ます。

長期的には、この買収によって、公共安全に対するドローンの利用と管理に関する規制や方針が形成される可能性があります。ドローン技術の進化に伴い、その使用を適切に管理し、公共の安全を確保するための新たなアプローチが求められています。AxonとDedroneの組み合わせは、この新たな課題に対応するための革新的なソリューションを提供することで、将来の公共安全のあり方に影響を与えることになるでしょう。

from Taser and police body cam maker Axon is acquiring air defense startup Dedrone.

SNSに投稿する

ホーム » ドローン » ドローンニュース » 公共安全強化へ: Axonがドローン防衛のDedroneを買収

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です