猫のウェットフードを新鮮に保つ「Polar」発売、ペットケアの未来を変える

 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-04-28 by admin

Petlibro、ペットテクノロジースタートアップは、猫用の自動給餌器と給水器を設計している企業であるが、初の冷蔵スマートフィーダー「Polar Wet Food Feeder」を発売した。この製品は、飼い主が不在時に猫のウェットフードを新鮮に保つという問題を解決することを目指している。ウェットフードは自然な食事に近く、また高炭水化物のドライフードを避ける飼い主もいるため、猫にとって好まれる傾向がある。しかし、ウェットフードを放置すると細菌の増殖や腐敗のリスクがある

 - innovaTopia - (イノベトピア)
polar wet food feeder

Polarは3つのコンパートメントを持ち、最大22.2オンス(1ポーションあたり7.4オンス)のフードを収納でき、最大72時間飼い主が不在でもペットシッターの必要がない。半導体冷却技術を使用してフードを30-50°Fで冷やし、ボウルトレイはBPAフリーのプラスチックで食洗機対応である。付属のモバイルアプリはiOSとAndroidデバイスで利用可能で、WiFi対応のスマートフィーダーを制御し、飼い主はペットの給餌スケジュールをカスタマイズでき、動作検知技術により猫が食べ始めると通知を受け取ることができる。WiFiが切断された場合や停電が発生した場合でも、アプリはデバイスがオフラインになったことを通知し、Polarはフードを12時間冷たく保つ。

Polarの価格は129.99ドルで、petlibro.comおよびAmazonで購入可能である。ウェットペットフード業界は2023年に約350億ドルに達し、そのうち猫フードが市場の61%を占めている。Petlibroによると、900人以上の調査参加者のうち56%がウェットフード使用時の最大の欠点として新鮮さの維持を挙げており、顧客からは自動冷蔵フィーダーが強く要望されていた。Petlibroは2022年末に最初の製品を販売して以来、300万台以上を販売し、2023年だけで100万台以上を売り上げている。

【編集部追記】
先端テクノロジーのニュースを集めているinnovaTopiaになぜ、ねこの給餌器?
重要でしょう。関連性あるでしょう!と思うのは私だけか・・

用語の解説
半導体冷却技術:電気を流すと片方に熱が発生し、もう片方が冷えるという現象を利用した冷却方式。コンパクトで省エネルギーな冷却が可能。
BPAフリー:プラスチック製品に含まれる可能性のある有害物質ビスフェノールAを含まない素材のこと。

異なる視点からの解説
この製品は飼い主の利便性を高める一方で、機器トラブルによるリスクや高価格といった課題も抱えています。ペットの健康と安全を最優先に、本当に必要な場面での利用が望ましいでしょう。また、ペットが製品に順応できるかどうかは個体差があることにも留意が必要です。

参考情報
ZDNet「My cat Norbert gives this automatic wet food feeder two paws up」
実際に製品を試用したライターによるレビュー記事。使用感や留意点などが丁寧に解説されています。

Petlibro公式サイト
メーカーによる製品情報ページ。仕様や価格、よくある質問などを確認できます。

BEST Automatic Pet Feeder?? PETLIBRO Feeder Review (Bengal Cat Kona)

ベンガル猫の飼い主によるPetlibro製品のレビュー動画。給餌器と給水器の使用感を紹介しています。

編集部の独断
この給餌器を利用するのは出張の時だけですね。普段はねこの体調にあわせたカリカリをあげて、ウェットフードはご馳走になると思うんです。機械から供給されるゴハンって味気ない気もするし、やはりねこの下僕としては「この美味しいゴハンを差し上げているのはワタクシですからね」とアピールしたいところ。チュールを容器に絞ってあげる人って、あまりいませんよね。
こういった給餌器に求められる機能として
・ボウル前に飼い主の画像を表示。動画やアバターなら、さらにGood(^^)
・スピーカーから、給餌のタイミングで飼い主の声でいつもの「ゴハンだよー」
・食べた時間だけでなく量を測って通知。
・食べている様子を動画で撮影し転送。

スマートウォッチで健康管理するように、ゴハンとトイレでねこの健康管理が進む時代になる?


【ニュース解説】

Petlibro、ペットテクノロジースタートアップが、猫のウェットフードを新鮮に保つための冷蔵スマートフィーダー「Polar Wet Food Feeder」を発売しました。この製品は、飼い主が不在時でも猫のウェットフードを新鮮に保つことができるように設計されています。ウェットフードは、その自然な食事に近い質感と栄養価から猫に好まれる傾向がありますが、放置すると細菌の増殖や腐敗が進むリスクがあります。

Polarは3つのコンパートメントを備え、最大22.2オンス(約629グラム)のフードを収納でき、最大72時間の不在でもペットシッターを必要としません。このデバイスは半導体冷却技術を使用してフードを30-50°F(約-1~10°C)で冷やし、ボウルトレイはBPAフリーのプラスチック製で、食洗機で洗うことができます。付属のモバイルアプリを通じて、飼い主はWiFiを介してスマートフィーダーを制御し、ペットの給餌スケジュールをカスタマイズできます。また、動作検知技術により、猫が食べ始めると通知を受け取ることができます。

この技術の導入により、飼い主は長期間の不在中でも猫の健康と安全を確保できるようになります。特に、ウェットフードの新鮮さを保つことは、猫の体重管理、消化、尿路系の健康に重要です。しかし、この技術にはいくつかの潜在的なリスクも伴います。例えば、電源の問題や機器の故障が発生した場合、フードが適切に冷却されない可能性があります。また、デバイスの価格が一部の飼い主にとっては高価である可能性があります。

この製品の登場は、ペットケア業界における技術革新の一環として見ることができます。ウェットペットフード業界が2023年に約350億ドルに達し、そのうち猫フードが市場の61%を占める中、Petlibroのような革新的な製品は、ペットの健康管理において重要な役割を果たす可能性があります。また、この技術は、ペットケア業界におけるさらなるイノベーションを促進するきっかけとなるかもしれません。

長期的には、このような技術の普及が、ペットの健康管理における新たな基準を設定し、ペットケア製品の開発における新たなトレンドを生み出す可能性があります。しかし、そのためには、製品の安全性、信頼性、および手頃な価格を確保するためのさらなる研究と開発が必要です。

from Petlibro’s new smart refrigerated wet food feeder is what your cat deserves.

SNSに投稿する

ホーム » 未分類 » 猫のウェットフードを新鮮に保つ「Polar」発売、ペットケアの未来を変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です