メタ、VR市場で「Android対iOS」戦略を展開、大手と提携

 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-04-23 by admin

メタは、レノボ、マイクロソフト、アスースなどの外部ハードウェア企業と提携し、同社のメタホライゾンオペレーティングシステムを使用して仮想現実ヘッドセットを開発すると発表した。この動きは、スマートフォンの「Android対iOS」のダイナミクスを仮想現実ヘッドセットに再現するものである。メタのCEO、マーク・ザッカーバーグは、この発表が異なる価格帯の様々なハードウェアデバイスを競わせることになり、それらはすべてメタのオペレーティングシステム上で動作すると述べた。

ザッカーバーグは、メタが仮想現実技術に四半期ごとに数十億ドルを投資する戦略的理由として、オペレーティングシステムをハードウェアパートナーに提供する決定を挙げた。2023年第4四半期には、Reality Labs部門で46億5000万ドルの運営損失を報告している。メタは、仮想現実と拡張現実の次世代プラットフォームを開発し、メタが管理するアプリストアを通じて、Appleがアプリを拒否したり料金を請求したりすることがないようにすることを目指している。

さらに、ザッカーバーグはGoogleに対し、Google Playアプリストアをホライゾンベースのヘッドセットに導入するよう要請した。また、メタはSteamやマイクロソフトのXbox Cloud Gamingを自社のオペレーティングシステムで動作させることを許可する。メタホライゾンはAndroidのバージョンに基づいており、アプリを電話から仮想現実に簡単に移植できる。

メタは、ハードウェアパートナーとのビジネスアレンジメントやソフトウェアのビジネスモデルについては詳細を明らかにしていない。Googleが携帯電話用のAndroidオペレーティングシステムを無料で提供し、ユーザーの検索をGoogleに誘導して広告を販売することで研究開発を収益化しているのと同様の方法である。時には、Googleはハードウェアパートナーに支払いを行う。

メタは、オペレーティングシステムをハードウェアパートナーに開放することで、ゲーミングや生産性など異なる市場向けの特定の種類のハードウェアを作成できるようになると述べている。ザッカーバーグは、例として「箱から出してすぐにXboxコントローラーを使用できる」デバイスを想像している。新しいデバイスが市場に出るまでには「数年かかるかもしれない」とザッカーバーグは述べた。

【編集部追記】— 記事の内容について検証しました —

誇張しすぎ/偏りがある/不正確な数値など
「メタのOSを搭載した様々な価格帯のVRヘッドセットが登場し、Appleの縦統合モデルとは異なる競争環境が生まれる見込み」
この表現は若干誇張しすぎている可能性があります。新しいVRヘッドセットが実際に登場するまでには「数年かかるかもしれない」とザッカーバーグ自身が述べているように、すぐに多様な選択肢が生まれるわけではありません。

用語解説
「メタホライゾンOS」はメタが開発したVR/ARプラットフォーム向けのオペレーティングシステムです。Androidベースでアプリケーションをサポートできます。
「Reality Labs」はメタの仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の研究開発部門です。

異なる視点
メタのこの戦略は、自社のVRプラットフォームを確立し、AppleやGoogleなどの他社に支配されないエコシステムを構築することが主な目的と考えられます。しかし一方で、メタ自身がプラットフォーマーとして過度な力を持つリスクもあり、公正な競争環境の確保が課題となります。

参考情報
メタの発表動画

ザッカーバーグ自身が新戦略について説明しています。

読者への提案
VR/ARは今後さらに発展が見込まれる分野です。メタの新戦略が実現すれば、より手頃な価格でVRを体験できるようになる可能性があります。一方で、プラットフォーマーの過度な力の集中にも注意が必要です。この動きを機に、VR/ARの可能性と課題について考えてみてはいかがでしょうか。

【ニュース解説】

メタ(旧Facebook)が、レノボ、マイクロソフト、アスースなどの外部ハードウェア企業と提携し、自社の仮想現実(VR)オペレーティングシステム「メタホライゾン」を使用してVRヘッドセットを開発すると発表しました。この戦略は、スマートフォン市場における「Android対iOS」の競争構造をVRヘッドセット市場にもたらすことを意図しています。これにより、Appleのような縦統合モデルの製品とは異なり、さまざまな価格帯のハードウェアがメタのOS上で競合することになります。

この動きは、メタが仮想現実技術に巨額の投資を続ける戦略的な理由の一環として位置づけられています。特に、メタはAppleのアプリストアの規制に対抗し、自社が管理するアプリストアを通じて、仮想現実と拡張現実の次世代プラットフォームを構築することを目指しています。この戦略により、メタは自社のアプリがAppleによって拒否されたり、高額な手数料を課されたりするリスクを回避しようとしています。

さらに、メタはGoogle Playアプリストア、Steam、マイクロソフトのXbox Cloud Gamingなど、他社のサービスをメタホライゾンOS上で動作させることを許可することで、より幅広いアプリケーションとゲームの利用を可能にしようとしています。メタホライゾンがAndroidベースであることは、アプリの移植を容易にし、開発者にとって魅力的なプラットフォームになる可能性があります。

この戦略により、メタはVR市場におけるオープンなエコシステムを推進し、異なる市場ニーズに応える特化したハードウェアの開発を促進することができます。例えば、ゲーミング専用のデバイスや、軽量化を重視したデバイスなど、多様な製品が登場する可能性があります。これにより、消費者は自分のニーズに最適なVRヘッドセットを選択できるようになります。

しかし、このようなオープンなアプローチは、セキュリティやプライバシーの懸念、アプリの品質管理、エコシステム内での競争の激化など、いくつかの課題を引き起こす可能性があります。また、メタがどのようにしてこのオペレーティングシステムと関連サービスから収益を上げるのか、そのビジネスモデルはまだ明らかにされていません。

長期的には、この戦略がVR市場の成長とイノベーションを加速させ、メタが仮想現実技術の分野で主導的な役割を果たすことにつながる可能性があります。しかし、その成功は、開発者、パートナー企業、そして最終的には消費者の受け入れに大きく依存するでしょう。

from Mark Zuckerberg says Meta will offer its virtual reality OS to hardware companies, creating iPhone versus Android dynamic.

SNSに投稿する

ホーム » VR/AR » VR/ARニュース » メタ、VR市場で「Android対iOS」戦略を展開、大手と提携

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です