「URSA Cine Immersive」登場、没入型映像制作の新時代へ

「URSA Cine Immersive」登場、没入型映像制作の新時代へ - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-06-12 by admin

Blackmagicが新しいカメラ「URSA Cine Immersive」を発表した。このカメラは、URSA Cineプラットフォームを基にしており、Vision Pro向けの特定のワークフローの一部とされている。90fpsでのステレオスコピック3Dビデオ撮影が可能で、AppleのVision Proヘッドセット内での映像モニタリングや、Vision Proビデオファイルのネイティブエクスポートなどが、DaVinci Resolveビデオ編集ソフトウェアのアップデートを通じて実現される。カメラの価格は明らかにされていないが、一般の消費者が購入可能なものではないとされている。このカメラとソフトウェアのアップデートにより、Vision Pro向けのコンテンツ制作が増える可能性がある。カメラ自体は、マットブラックのハウジングと初期の90年代のカムコーダーを彷彿とさせるレトロなデザインが特徴である。また、ドローン対応であり、特に強力なドローンが必要とされるが、このカメラを購入できる者であれば、それに見合ったドローンの購入も可能であろう。

【ニュース解説】

Blackmagicが新しいカメラ「URSA Cine Immersive」を発表しました。このカメラは、映像制作のプラットフォームであるURSA Cineを基に開発され、特にAppleのVision Proヘッドセット向けのコンテンツ制作を念頭に置いています。90fpsでのステレオスコピック3Dビデオ撮影が可能であり、これにより、よりリアルで没入感のある映像体験を提供することができます。また、DaVinci Resolveビデオ編集ソフトウェアのアップデートを通じて、映像のモニタリングやVision Proビデオファイルのネイティブエクスポートなど、制作プロセスが大きく改善されます。

この技術の導入により、Vision Pro向けのコンテンツ制作が促進されることが期待されます。これまでVision Proはコンテンツの面で大きなアピールポイントを持っていませんでしたが、URSA Cine Immersiveの登場により、映像制作者たちはより高品質で没入感のあるコンテンツを制作する新たな可能性を手に入れることになります。

カメラ自体は、マットブラックのハウジングと初期の90年代のカムコーダーを思わせるレトロなデザインが特徴です。また、ドローン対応であり、特に強力なドローンを使用して空撮することも可能です。これにより、映像制作の幅がさらに広がりますが、このカメラは一般の消費者が購入可能なものではなく、専門の映像制作者や大規模なプロジェクトに限定される可能性が高いです。

この技術のポジティブな側面としては、よりリアルで没入感のある映像体験の提供が挙げられます。これにより、教育、エンターテイメント、広告など、多岐にわたる分野での活用が期待されます。一方で、高品質なコンテンツ制作には高額な投資が必要になるため、コンテンツの多様性やアクセシビリティに影響を与える可能性もあります。

将来的には、このような高性能カメラと編集ソフトウェアの進化が、映像制作の標準を大きく変え、よりリアルなバーチャルリアリティ体験の普及に寄与することが期待されます。また、規制や標準化の面でも、新たな技術の導入に伴う課題が浮上する可能性があり、業界全体での対応が求められるでしょう。

from Here’s Blackmagic’s new immersive camera that might enable more Vision Pro content.

SNSに投稿する

ホーム » VR/AR » VR/ARニュース » 「URSA Cine Immersive」登場、没入型映像制作の新時代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です