シリコンバレー発、NinjaTech AIが多機能AIエージェント「Ninja AI」を発表!

シリコンバレー発、NinjaTech AIが多機能AIエージェント「Ninja AI」を発表! - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-05-22 by admin

NinjaTech AI、シリコンバレーに拠点を置く生成AI企業が、新しいAIエージェントサービス「Ninja AI」のパブリックベータ版を発表した。このウェブアプリケーションは、研究者、ソフトウェアエンジニア、スケジューラー/秘書などの役割を果たす。現在、myninja.aiで試用可能である。サービスは無料プランと有料サブスクリプションを提供し、有料ユーザーはOpenAIのGPT-4o、AnthropicのClaude 3、Google Geminiなど、主要な生成AIモデルへのアクセスをAPIを通じて利用できる。ユーザーはこれらのAIモデルを選択し、自然言語入力によってNinja AIに様々な操作を指示できる。

Ninja AIは、リアルタイムで複数のAIモデルの結果を比較し、共通点をまとめ、相違点を指摘する機能、Googleアカウントを使用してカレンダーイベントをスケジュールし、衝突を回避する機能(Apple iCalとの統合も近い将来のロードマップに含まれている)、自身のメールアドレスから人間の受信者に自動的にメール招待を送る機能、異なる声でユーザーと話す機能、Unreal Engineで生成された3Dキャラクターを使用してビデオチャットを行う機能などを持つ。

また、Ninja AIはこれらのタスクを同時に、非同期に行い、ユーザーが他の作業をしている間もバックグラウンドで操作を続ける。操作が完了するとユーザーに通知し、サイドバーをクリックすることで各ワークフローの状態を確認できる。

Ninja AIは現在、Ninja Advisor、Ninja Coder、Basic Scheduler、Real time Web Search、Limited third-party LLM accessを含む5つの主要エージェントを提供している。無料オプションでは、Advisor、Coder、Researcher、第三者LLMから1日最大20タスク、Schedulerエージェントからは1日最大5タスクを利用できる。しかし、月額$10、$20、$30を支払うことで、より多くのタスクを日々、月々にわたって利用できるようになる。

NinjaTech AIの共同創設者は、Google、Meta、AWSでの豊富な経験を持つ。Babak PahlavanはGoogleで10年以上を過ごし、2022年にシニアディレクターとして退職した後、非営利の科学研究グループSRI Internationalで起業家として活動し、NinjaTech AIとNinja AIのアイデアが生まれた。共同創設者には、MetaでハイパースケールシステムのエンジニアだったSam NaghshinehがCTOとして、Amazon Web Services(AWS)でシニア応用科学者だったArash Sadriehが科学責任者として参加している。

NinjaTech AIは、AWSのカスタムマシンラーニングチップ(TSMC製造)であるTrainiumとInferentia2、およびAmazonのクラウドベースのマシンラーニングサービスAmazon SageMakerを使用して、AIエージェントを構築、訓練、スケールアップし、複数のタスクを同時に実行できるようにしている。AWSによると、Inferentia2チップは、同等の性能を持つNvidiaのGPUに比べて40%のコスト削減が可能であるという。

【編集者追記】用語解説

  • LLM(Large Language Model/大規模言語モデル)
    LLMとは、大量のテキストデータから言語の特徴を学習した大規模な言語モデルのことです。自然な会話や文章生成が可能で、ChatGPTなどの対話AIの根幹技術となっています。
  • SRI インターナショナル
    SRIインターナショナルは、1946年に設立された米国の非営利独立系研究機関です。コンピューターマウスやSiri、インターネットの前身ARPANETなど、数多くの革新的技術を生み出してきました。

【参考リンク】
NinjaTech AIオフィシャルサイト(外部)

Ninja AI Review | Does NinjaAI Work?

【関連記事】

AIエージェントに関する記事をinnovaTopiaでもっと読む

【ニュース解説】

シリコンバレーに拠点を置く生成AI企業であるNinjaTech AIが、新しいAIエージェントサービス「Ninja AI」のパブリックベータ版を発表しました。このウェブアプリケーションは、研究者、ソフトウェアエンジニア、スケジューラー/秘書などの役割を果たすことができ、現在myninja.aiで試用可能です。サービスは無料プランと有料サブスクリプションを提供し、有料ユーザーはOpenAIのGPT-4o、AnthropicのClaude 3、Google Geminiなど、主要な生成AIモデルへのアクセスをAPIを通じて利用できます。ユーザーはこれらのAIモデルを選択し、自然言語入力によってNinja AIに様々な操作を指示できます。

Ninja AIは、リアルタイムで複数のAIモデルの結果を比較し、共通点をまとめ、相違点を指摘する機能、Googleアカウントを使用してカレンダーイベントをスケジュールし、衝突を回避する機能、自身のメールアドレスから人間の受信者に自動的にメール招待を送る機能、異なる声でユーザーと話す機能、Unreal Engineで生成された3Dキャラクターを使用してビデオチャットを行う機能などを持ちます。これらのタスクを同時に、非同期に行い、ユーザーが他の作業をしている間もバックグラウンドで操作を続けることができます。

このサービスの背景には、Google、Meta、AWSでの豊富な経験を持つ共同創設者たちがいます。特に注目すべきは、NinjaTech AIがAWSのカスタムマシンラーニングチップ、TrainiumとInferentia2を使用してAIエージェントを構築、訓練、スケールアップしている点です。これにより、複数のタスクを同時に実行できるようにしながら、コストを抑えることが可能になっています。

この技術の導入により、ユーザーは複数のAIモデルを効率的に活用し、日常の業務を自動化することで、より戦略的な活動に集中できるようになります。しかし、このような高度な自動化には、プライバシーやセキュリティに関する懸念、AIの倫理的な使用に関する規制の必要性など、様々な課題も伴います。また、AI技術の急速な発展は、労働市場におけるスキルの変化や新たな職業倫理の必要性をもたらす可能性があります。

長期的には、Ninja AIのようなサービスは、AI技術の民主化を促進し、個人や企業がAIを活用する際のハードルを下げることが期待されます。しかし、これらの技術が社会に広く受け入れられるためには、透明性、信頼性、倫理的な使用が保証される必要があります。これには、技術開発者、政策立案者、利用者が協力して、適切なガイドラインと規制を策定し、実施することが求められます。

from Exclusive: NinjaTech launches autonomous AI agents powered by AWS chips — not GPUs.

SNSに投稿する

ホーム » AI(人工知能) » AI(人工知能)ニュース » シリコンバレー発、NinjaTech AIが多機能AIエージェント「Ninja AI」を発表!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です