2024年SANS SOC調査がサイバー防衛の新たなトレンドを解明

2024年SANS SOC調査がサイバー防衛の新たなトレンドを解明 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 11:19 by admin

2024年のSANS SOC調査が、サイバー防衛における重要なトレンドと技術を明らかにした。この調査は、セキュリティオペレーションセンター(SOC)の現状と課題に深い洞察を提供する。調査結果によると、SOCの運用においてエンドポイント検出と対応(EDR)技術が重要な役割を果たしていることが示された。一方で、AI生成技術は統合と効果の面で課題があるとされ、最低の評価を受けた。

また、TLSインターセプションの使用が減少していることが指摘され、暗号化された通信への可視性に関する懸念が高まっている。調査は、SOC内で行われる活動について、ほぼ全ての回答者が警告から脅威ハンティングまでの重要な機能を何らかの形で実施していることを確認した。

この調査結果は、SOCのベンチマークと改善のための包括的なリソースを提供する。サイバーセキュリティ専門家は、7月12日に開催されるウェブキャストに参加することで、調査結果とその意味するところをより深く理解する機会を得ることができる。

【ニュース解説】

2024年のSANS SOC調査は、サイバーセキュリティの現場であるセキュリティオペレーションセンター(SOC)の運用に関する最新のトレンドと技術についての重要な洞察を提供しています。この調査により、エンドポイント検出と対応(EDR)技術がSOC運用において中心的な役割を果たしていることが明らかになりました。一方で、AI生成技術は統合と効果の面で課題を抱えており、評価が低いことが示されました。

TLSインターセプションの使用減少は、暗号化された通信への可視性が低下していることを示唆しており、これはサイバーセキュリティの観点から見ると懸念される動向です。SOC内での活動に関しては、警告発出から脅威ハンティングまで、ほぼ全ての回答者が重要な機能を実施していることが確認され、SOCの役割の広がりと重要性が強調されました。

この調査結果から得られる洞察は、サイバーセキュリティの専門家にとって非常に価値があります。特に、EDR技術の重要性が強調されたことは、今後のサイバーセキュリティ戦略を立てる上で重要な指標となります。EDR技術は、エンドポイントでの脅威検出と対応を自動化し、迅速な対処を可能にすることで、組織のセキュリティ体制を強化します。

一方で、AI生成技術の低評価は、この分野の技術がまだ成熟していないこと、またはSOC環境への統合における課題が存在することを示しています。これは、AI技術の発展とともに、その統合方法や効果的な活用方法についても進化が求められることを意味します。

TLSインターセプションの使用減少に関しては、暗号化された通信の監視が困難になることで、潜在的な脅威を見逃すリスクが高まる可能性があります。これは、新たな監視技術や手法の開発を促す動機となるかもしれません。

長期的な視点で見ると、この調査はSOCの運用における現在の課題と成功事例を浮き彫りにし、将来のサイバーセキュリティ戦略の策定に役立つ重要な情報を提供しています。サイバーセキュリティの脅威は日々進化しているため、SOCの技術や運用方法もそれに応じて進化し続ける必要があります。この調査は、その進化のためのガイドラインを提供するものと言えるでしょう。

from 2024 SANS SOC Survey Reveals Critical Trends and Technologies in Cyber Defense.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » 2024年SANS SOC調査がサイバー防衛の新たなトレンドを解明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です