メタバース拡大へ、Yuga LabsとImprobableが手を組む

メタバース拡大へ、Yuga LabsとImprobableが手を組む - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-05-05 by admin

Yuga Labs(ユガラボ)はImprobableと協力して、Othersideと呼ばれるメタバースを構築する。このプロジェクトは、Improbableが提供するMsquared上で展開される。Msquaredは、相互に接続されたメタバースのネットワークである。この発表は、Othersideのオンラインタウンホールミーティングで行われた。

また、Yuga LabsとImprobableはOthersideの開発に関連するその他のニュースも発表し、7月には大規模マルチプレイヤーイベントが開催される予定であること、そしてWorld Builder ODK(M2 ODKの拡張)を通じて、Othersideのビルダーがメタバース上で構築できるツールを提供することが明らかにされた。これにより、OthersideはImprobableの技術とインフラストラクチャ上に再構築され、Othersideコミュニティは大規模環境での構築と、Improbableネットワーク上の既存のメタバース間の相互運用性を享受できるようになる。

【編集者追記】用語解説

  • Msquared: Improbableが開発したメタバース基盤技術。大規模なマルチプレイヤー環境を実現できます。
  • World Builder ODK: Othersideのユーザーがメタバース内でコンテンツを作成できるようにするツールキット。

【編集者追記】

本文中にさらっと出てきたYuga LabsImprobable、そしてYuga LabsのメタバースプロジェクトOthersideについておさらいをします。

Yuga Labs(ユガラボ):
Yuga Labsは、NFTプロジェクトを手掛けるアメリカのブロックチェーン企業です。2021年にBAYC(Bored Ape Yacht Club)というNFTコレクションを発表し、大きな注目を集めました。BAYCは多くの著名人にも人気で、NFT界の中心的存在となっています。

Yuga Labsは他にもMAYC(Mutant Ape Yacht Club)、BAKC(Bored Ape Kennel Club)、CryptoPunks、Meebitsなどの人気NFTコレクションを保有・運営しています。
ImprobableはイギリスのVRツール開発企業で、大規模なマルチプレイヤーオンラインゲームの基盤技術に強みを持っています。

Improbable:
Improbableは「Morpheus」という技術を活用し、「MSquared(M²)」というメタバースネットワークを開発しています。M²は大規模かつ相互接続されたメタバース空間の構築を可能にします。

Improbableの技術紹介動画:

Otherside:
OthersideはYuga Labsが開発中のメタバースプロジェクトで、ユーザーが様々なゲームや体験を構築できる「コミュニティ主導」のプラットフォームを目指しています。

Yuga LabsはOthersideの開発にあたり、Improbableと提携。ImprobableのM²技術を活用することで、1万人以上のプレイヤーが同時にインタラクションできる没入型の仮想空間の実現を目指しています。

Otherside内では、BAYCをはじめとするYuga Labs傘下のNFTコレクションをアバターとして使用できます。また、ユーザーはODK(Otherside Development Kit)を使ってコンテンツを作成し、Otherside上のマーケットプレイス「The Agora」で取引することができます。

Othersideではゲーム性の高いメタRPG(ロールプレイングゲーム)の要素も取り入れられる予定です。リリース時期は未定ですが、先行してNFTの土地「Otherdeed」が販売され、大きな注目を集めました。

Yuga LabsとImprobableの強力なタッグにより、Othersideは既存のメタバースプラットフォームを超える可能性を秘めています。ユーザー主導のコンテンツ作成や、現実とメタバースの融合など、その動向から目が離せません。

【関連記事】
Yuga Labs(ユガラボ)についての関連記事をinnovaTopiaでもっと読む

【参考サイト】
Yuga Labs(ユガラボ)オフィシャルサイト(外部)

【ニュース解説】

Yuga LabsとImprobableが協力して、Othersideというメタバースを構築することが発表されました。このプロジェクトは、Improbableが提供するMsquaredという、相互に接続されたメタバースのネットワーク上で展開されます。この発表は、Othersideのオンラインタウンホールミーティングで行われ、その中で7月に大規模マルチプレイヤーイベントが開催される予定であることや、World Builder ODKを通じて、Othersideのビルダーがメタバース上で構築できるツールが提供されることが明らかにされました。これにより、OthersideはImprobableの技術とインフラストラクチャ上に再構築され、Othersideコミュニティは大規模環境での構築と、Improbableネットワーク上の既存のメタバース間の相互運用性を享受できるようになります。

このプロジェクトの背景には、メタバースという概念が急速に普及している現状があります。メタバースは、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などの技術を活用して、現実世界とは異なる仮想空間を創出することを指します。この空間では、ユーザーがアバターを通じて活動し、コミュニケーションやエンターテイメント、ビジネスなど様々な活動が可能になります。

Yuga LabsとImprobableの協力によるOthersideの構築は、メタバースの可能性をさらに広げるものです。特に、Msquared上での展開により、異なるメタバース間での相互運用性が実現されることは、ユーザー体験の向上に大きく寄与します。これにより、ユーザーは一つのアカウントで複数のメタバースを自由に行き来できるようになり、より豊かな仮想世界体験が可能になります。

しかし、このような技術の進展は、プライバシーやセキュリティ、規制の面で新たな課題を生じさせる可能性もあります。メタバース内での活動が増えるにつれて、個人情報の保護やデータの安全性がより重要な問題となります。また、異なるメタバース間での相互運用性を実現するためには、技術的な標準化や規制の枠組みが必要になるでしょう。

長期的には、このプロジェクトはメタバースの発展において重要なマイルストーンとなる可能性があります。メタバースが日常生活の一部となる未来では、教育、仕事、エンターテイメントなど、あらゆる分野での活用が期待されています。Yuga LabsとImprobableによるOthersideの構築は、その実現に向けた一歩と言えるでしょう。

from Yuga Labs will build its Otherside metaverse on Improbable’s Msquared.

SNSに投稿する

ホーム » メタバース » メタバースニュース » メタバース拡大へ、Yuga LabsとImprobableが手を組む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です