車輪付きヒューマノイドロボット、Modexで注目集める:Reflex Roboticsが披露

 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-03-22 by admin

Reflex Roboticsは、アトランタで開催されたModexイベントにて、車輪付きのヒューマノイドロボットを披露した。このスタートアップは、訪問者からのリクエストに応じて棚からアイテムを取るデモを中心に展示を行い、その速度と正確さで注目を集めた。ロボットは「胴体」が基盤に取り付けられた設計で、腕とセンサーが上下に動的に移動できるため、さまざまな高さの棚にアクセスし、狭い空間を操縦できる。

このシステムは主に遠隔操作であり、人間がループ内にいるシステムの一例である。運用者が遠くに移動した場合の潜在的な遅延問題が唯一の実際の制約である。共同創設者兼CEOのRitesh Ragavenderは、このインターフェースをビデオゲームに例え、ロボットが人間レベルの効率に「近づいている」と述べている。チームは、ロボットがより自律的で能力を持つようになるにつれて、人間の要素を制御から監督へと移行させている。

現在、人間とロボットの比率は1:1であるが、Ragavenderは、来年初めには倉庫や第三者物流(3PL)で1:2の比率を達成すると信じている。現在、第二世代のシステムが選択的に潜在顧客とのパイロットテストを行っており、Ragavenderによると、10から20台のReflexロボットを世界に展開し、来年には「数百台」にする計画である。

このニューヨーク拠点のスタートアップは、MIT出身者やBoston Dynamics、Teslaなどの企業出身者を含むわずか5人で構成されている。ReflexはこれまでにKhosla Venturesをリードとするシードラウンドの資金を調達しており、Ragavenderは今年後半にシリーズAの追求を検討している。システムの現在の価格は「50,000ドル以下」であり、製造のスケーリングによりさらにコストを下げることが可能である。

【ニュース解説】

アトランタで開催されたModexイベントにおいて、Reflex Roboticsというスタートアップが、車輪付きのヒューマノイドロボットを披露しました。このロボットは、訪問者からのリクエストに応じて、棚からアイテムを取り出すデモンストレーションを行い、その速度と正確さで多くの注目を集めました。特に、このロボットは「胴体」が基盤に取り付けられており、腕とセンサーが上下に動的に移動することができるため、さまざまな高さの棚にアクセスし、狭い空間でも操縦が可能です。

このシステムは主に遠隔操作によって動作し、人間が操作を行う「人間がループ内にいるシステム」の一例です。運用者が遠くに移動した場合には、潜在的な遅延問題が唯一の制約となります。共同創設者兼CEOのRitesh Ragavenderは、このインターフェースをビデオゲームに例え、ロボットが人間レベルの効率に「近づいている」と述べています。ロボットがより自律的で能力を持つようになるにつれて、人間の役割は制御から監督へと移行していく予定です。

現在、人間とロボットの比率は1:1ですが、Ragavenderは、来年初めには倉庫や第三者物流(3PL)で1:2の比率を達成することを目指しています。第二世代のシステムは現在、選択的に潜在顧客とのパイロットテストを行っており、10から20台のReflexロボットを世界に展開し、来年には「数百台」にする計画です。

このスタートアップはニューヨークに拠点を置き、MIT出身者やBoston Dynamics、Teslaなどの企業出身者を含むわずか5人で構成されています。これまでにKhosla Venturesをリードとするシードラウンドの資金を調達し、今年後半にはシリーズAの追求を検討しています。システムの現在の価格は「50,000ドル以下」であり、製造のスケーリングによりさらにコストを下げることが可能です。

この技術の導入により、倉庫や物流センターなどでの作業効率が大幅に向上する可能性があります。人間の作業者が単純な取り出し作業から解放され、より複雑なタスクや管理業務に集中できるようになることで、全体の生産性が向上します。しかし、遠隔操作に依存するシステムでは、通信の遅延や障害が作業の妨げになる可能性があり、これらの技術的課題の克服が今後の課題となります。また、ロボットの導入が進むにつれて、人間の仕事が減少する可能性もあり、社会的な影響も考慮する必要があります。長期的には、このようなロボット技術の発展が、労働市場や産業構造にどのような変化をもたらすか、注目されています。

from Reflex Robotics’ wheeled humanoid is here to grab you a snack.

Reflex Roboが働いている様子

Reflex Robotics社 │ 動画でなめらかな動作が見れます

SNSに投稿する

ホーム » ロボティクス » ロボティクスニュース » 車輪付きヒューマノイドロボット、Modexで注目集める:Reflex Roboticsが披露

“車輪付きヒューマノイドロボット、Modexで注目集める:Reflex Roboticsが披露” への1件のコメント

  1. 佐藤 智恵のアバター
    佐藤 智恵

    このニュースは、技術の進化が私たちの日常生活や労働環境にどのように影響を与えるかを考えさせられますね。Reflex Roboticsが開発した車輪付きのヒューマノイドロボットは、倉庫や物流センターでの作業効率を大幅に向上させる可能性があります。人間とロボットの共存する未来が、ますます現実味を帯びてきたと感じます。

    特に注目すべきは、このロボットが遠隔操作によって動作するという点です。これは、人間が直接的な物理労働から解放され、より戦略的な業務や監督に注力できるようになることを意味します。しかし、通信の遅延や障害が作業効率に影響を与える可能性があり、この技術的課題の解決が今後の大きな挑戦となるでしょう。

    また、ロボット技術の発展によって生じる社会的影響を考慮する必要があります。労働市場における人間の役割の変化や、新たな技術を学ぶための教育の重要性など、多くの問題が浮かび上がってきます。効率化と生産性の向上は大きなメリットですが、それに伴う社会への影響も見逃せません。

    このような技術革新には、サイエンスフィクションの世界を彷彿と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です