Hugging Face、AIロボティクスの未来を切り開く「LeRobot」発表

 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-05-07 09:20 by admin

Hugging Faceは、AI開発者向けスタートアップとして知られ、オープンソースAIモデルとコードの最大のオンラインリポジトリを維持している。同社は2024年3月に、テスラ社の元スタッフサイエンティストであるRemi Cadeneを新しいオープンソースロボティクスプロジェクトのリーダーとして迎え入れた。この動きは、テスラが技術とロボティクスの分野で確立された名前であり、最近では人型ロボットモデル「Optimus」の開発を進めていること、そしてロボティクス全体がトランスフォーマーベースの大規模言語モデル(LLMs)と一般的な生成AIの追加によって近月で急速に進化していることから、特に注目された。

Hugging Faceは、AIロボティクスを民主化し、新世代のロボティシストを刺激することを目的とした新しいイニシアチブ「LeRobot」を発表した。これはGithub上で利用可能なオープンソースツールキットである。LeRobotは、ロボティクス用の「トランスフォーマー」と同様の堅牢なフレームワークを提供し、多様なライブラリ、データの共有と可視化、最先端モデルのトレーニングプラットフォームを含む。また、物理シミュレータとシームレスに統合し、物理的なロボティクスハードウェアを持たない愛好家や開発者がAIモデルを仮想環境でシミュレートしテストできる。

LeRobotは、教育や研究で使用される単純なロボットアームから、先進的なAI研究施設で見られるより複雑なヒューマノイドまで、さまざまなロボットハードウェアを扱うよう設計されている。このツールキットの目標は、あらゆる形態のロボットを適応させ制御できるAIシステムを提供し、ロボティクスアプリケーションの多様性とスケーラビリティを実現することである。

LeRobotをオープンソースとして提供する決定は、革新と権力を一握りの企業内に集中させることを避ける戦略的なものである。Hugging Faceは、開発者、研究者、趣味の愛好家がAIロボティクスの集合的な進歩から寄与し利益を得られるよう、世界中のコミュニティに招待している。LeRobotの開発には、大学、スタートアップ、大手技術企業、個人の趣味愛好家との協力により、これまでで最大のクラウドソースロボティクスデータセットの作成が含まれる。これには、テラバイト単位のオンボードビデオ記録データが含まれ、Hugging Face Hubを介して迅速にアップロードおよびダウンロードできるようにフォーマットされている。

【関連記事】

ロボティクスニュースをinnovaTopiaでもっと読む

【参考リンク】
Hugging Faceオフィシャルサイト(外部)

【ニュース解説】

Hugging Face、AI開発者向けのスタートアップ企業であり、オープンソースAIモデルとコードの最大のオンラインリポジトリを運営しています。この企業は、テスラ社の元スタッフサイエンティストであるRemi Cadeneを迎え、新たなオープンソースロボティクスプロジェクト「LeRobot」を立ち上げました。このプロジェクトは、AIロボティクスを一般に開放し、新しい世代のロボティシストを育成することを目指しています。

LeRobotは、ロボティクスのためのオープンソースツールキットであり、Github上で公開されています。このツールキットは、データの共有、可視化、最先端モデルのトレーニングを可能にする多様なライブラリを含む包括的なプラットフォームです。物理シミュレータとの統合により、物理的なロボティクスハードウェアがない開発者や愛好家も、AIモデルを仮想環境でテストできます。

LeRobotの設計は、教育や研究に使用されるシンプルなロボットアームから、先進的なAI研究施設で見られる複雑なヒューマノイドまで、幅広いロボットハードウェアに対応しています。このツールキットの目標は、あらゆる形態のロボットに適応し、制御できるAIシステムを提供することにより、ロボティクスアプリケーションの多様性とスケーラビリティを実現することです。

LeRobotをオープンソースとして提供することは、革新と権力を少数の企業に集中させないための戦略的な選択です。Hugging Faceは、開発者、研究者、趣味の愛好家がAIロボティクスの集合的な進歩に寄与し、その恩恵を受けられるよう、世界中のコミュニティを招待しています。

LeRobotの開発には、大学、スタートアップ、大手技術企業、個人の趣味愛好家との協力による、これまでで最大のクラウドソースロボティクスデータセットの作成が含まれます。このデータセットには、オンボードビデオ記録のテラバイトが含まれ、Hugging Faceハブを介して迅速にアップロードおよびダウンロードできるようにフォーマットされています。

このイニシアチブは、AIロボティクスの分野におけるイノベーションの加速と、より多くの人々がこの技術にアクセスできるようにすることを目的としています。LeRobotは、ロボティクスの研究と開発を一層進化させ、新しいアプリケーションの創出を促進する可能性を秘めています。しかし、オープンソースプロジェクトとして、その成功はコミュニティの参加と貢献に大きく依存しています。このような共同作業により、AIロボティクスの未来はより民主的で、革新的なものになることが期待されます。

from Hugging Face launches LeRobot open source robotics code library.

SNSに投稿する

ホーム » ロボティクス » ロボティクスニュース » Hugging Face、AIロボティクスの未来を切り開く「LeRobot」発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です