Appian CEO、GAFAMのAI戦略に異議「連合では勝てぬ」

 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-05-09 by admin

AppianのCEOであるMatt Calkinsは、Microsoft、Amazon、Googleなどの大手企業がAI技術に数十億ドルを投資しているが、成功は「ただのお金の問題ではない」と述べた。彼は、AI市場が「勝者総取り」の市場ではない可能性があると指摘し、異なるAIアルゴリズムが異なる目的に役立つため、どの企業も独占できないとの見解を示した。

Calkinsは、MicrosoftとAmazonがOpenAIやAnthropicなどのAIモデル開発企業と結んだ取引に言及し、これらの取引が競争を損なう合併に該当するかどうか英国の規制当局が評価していることを明らかにした。しかし、彼はこれらの取引がAI分野での競争を脅かす合併には当たらないと主張し、イノベーターには依然として活躍の余地があると述べた。

Calkinsは、AIシステムが真に賢く有用になる唯一の方法は、私たちが日常生活で求めるものを理解できる能力にあると指摘し、最良のAIはユーザー自身のデータを活用したAIだと強調した。

また、CalkinsはAIの規制に関して欧州が先行していると述べ、欧州連合が3月にAI法を正式に承認したことを例に挙げた。彼は、ビジネスがAIを安全に使用し、知的財産の保護やユーザーの個人情報のプライバシーを保証する方法について明確な指針が必要であると語った。

【関連記事】
Appianに関する記事をinnovaTopiaでもっと読む

【参考リンク】

Appianオフィシャルサイト(外部)

【ニュース解説】

大手企業が人工知能(AI)技術に巨額を投資している現代において、AppianのCEOであるMatt Calkinsは、AI分野での成功が必ずしも資金力に依存するわけではないとの見解を示しました。彼は、AI市場が「勝者総取り」の構造を持たない可能性があることを強調し、異なる目的に適した多様なAIアルゴリズムが存在するため、どの企業も市場を独占することはできないと述べています。

この発言は、MicrosoftやAmazonがOpenAIやAnthropicといったAIモデル開発企業と結んだ高額な取引に対する英国の規制当局の評価が行われている中でなされました。これらの取引がAI分野での競争を損なう合併に該当するかどうかが問題となっていますが、Calkinsはこれらの取引が競争を脅かすものではないと主張し、イノベーションを推進する企業には依然としてチャンスがあると述べています。

Calkinsはまた、AIシステムが本当に賢く有用になるためには、それが私たちの日常生活で求めるものを理解できる能力が必要であると指摘しました。彼は、最良のAIはユーザー自身のデータを活用するものであると強調しています。これは、単に大量のデータを持っているだけではなく、そのデータをどのように活用するかが重要であることを意味しています。

さらに、CalkinsはAIの規制に関して、欧州が先行していると述べました。欧州連合がAI法を正式に承認したことは、ビジネスがAIを安全に使用し、知的財産の保護やユーザーのプライバシーを保証する方法についての明確な指針を提供する一例です。これに対し、アメリカではまだそのような規制の進展が見られないと彼は指摘しています。

このニュースから読み取れるのは、AI技術の発展とその応用において、単に資金力があるだけではなく、イノベーションの能力、データの賢明な活用、そして適切な規制環境が成功の鍵を握っているということです。AI分野での競争は激しく、多くの企業が市場のリーダーになろうとしていますが、Calkinsの指摘するように、この競争は多様なアプローチとアイデアによって豊かになる可能性があります。また、規制に関する進展は、AI技術の健全な発展を促し、消費者の権利を保護する上で重要な役割を果たすことでしょう。

from Big Tech is eating as much data as it can to win in AI — but it’s not ‘winner takes all,’ CEO says.

SNSに投稿する

ホーム » AI(人工知能) » AI(人工知能)ニュース » Appian CEO、GAFAMのAI戦略に異議「連合では勝てぬ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です