テイラー・スウィフトの偽画像が炎上、AI生成コンテンツの危険性露呈

テイラー・スウィフトの偽画像が炎上、AI生成コンテンツの危険性露呈 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-07-10 08:29 by admin

人気歌手テイラー・スウィフトの偽の性的な画像がソーシャルメディアに急速に拡散し、ファンや法律家からの非難を浴びています。これらの画像は人工知能によって生成されたと見られ、数百万人のユーザーに共有されました。

あるユーザーがX(旧Twitter)に投稿した画像は、アカウントが停止される木曜日までに4700万回以上閲覧されました。Xはテイラー・スウィフトの偽画像を投稿した複数のアカウントを停止しましたが、他のソーシャルメディアプラットフォームでも画像が共有され続け、削除努力にもかかわらず拡散が続いています。

サイバーセキュリティ企業Reality Defenderは、これらの画像が拡散モデルと呼ばれるAI技術を用いて作成された可能性が高いと判断しました。この技術は10万以上のアプリや公開されているモデルを通じてアクセス可能です。

AI業界の急成長に伴い、ユーザーが簡単なプロンプトで画像、動画、テキスト、音声録音を作成できるツールが企業によって次々とリリースされています。これらのAIツールは非常に人気がありますが、人々が実際には行っていない行動や発言を描写するディープフェイクを作成することを容易かつ安価にしています。

研究者たちは、ディープフェイクが強力なディスインフォメーションの力となりつつあり、インターネットユーザーが同意なしのヌード画像や政治候補者の恥ずかしい描写を作成できるようになることを懸念しています。例えば、ジョー・バイデン大統領の偽のロボコールがニューハンプシャー予備選挙中に使用されたり、スウィフトがディープフェイク広告で調理器具を宣伝する姿が今月特集されました。

Xはこのコンテンツに対してゼロトレランスの方針を持っており、「特定された画像を積極的に削除し、それらを投稿したアカウントに対して適切な措置を取っている」と声明で述べています。

一部の州では、ポルノグラフィックなディープフェイクや政治的なディープフェイクに制限を設けていますが、これらの制限は大きな影響を与えておらず、連邦レベルでのディープフェイクに関する規制は存在しません。

テイラー・スウィフトのディープフェイク画像の拡散は、法律家からの行動を求める声を新たに高めました。ニューヨーク州の民主党員であるジョー・モレル下院議員は、このような画像の拡散を「驚愕」と表現し、連邦犯罪とする法案を提出しました。バージニア州の民主党員で上院情報委員会の議長であるマーク・ワーナー上院議員は、AIが同意なしの親密な画像を生成するために使用される可能性について繰り返し警告していると述べました。ニューヨーク州の民主党員であるイベット・D・クラーク下院議員は、人工知能の進歩がディープフェイクの作成を容易かつ安価にしたと指摘しました。

スウィフトの広報担当者であるトゥリー・ペインは、木曜日の遅い時間にコメントを求めるリクエストにすぐには応じませんでした。

【ニュース解説】

人気歌手テイラー・スウィフトを題材にした偽の性的画像が、人工知能(AI)を利用して作成され、ソーシャルメディアを通じて急速に拡散されている事態が発生しました。これらの画像は、特にX(旧Twitter)というプラットフォームで大きな注目を集め、数千万回以上閲覧されるなど、広範囲にわたって共有されています。この問題は、ファンや法律家からの非難を受け、女性の保護とディープフェイクを拡散するプラットフォームや技術に対する規制強化の要求を再燃させています。

ディープフェイクとは、AI技術を用いて実在の人物が実際には行っていない行動や発言をリアルに描写した偽の画像や動画のことです。この技術は、拡散モデルと呼ばれるAI駆動の技術を使用しており、多くのアプリや公開されているモデルを通じて容易にアクセス可能です。AIツールの普及により、簡単な指示だけでリアルなディープフェイクを作成できるようになり、その結果、個人のプライバシーや名誉を著しく侵害するコンテンツが簡単に作られるようになっています。

この問題は、単なる個人のプライバシー侵害を超え、政治的なディスインフォメーションの手段としても利用される可能性があります。例えば、政治家の偽の発言を含む動画が選挙に影響を与えるような事態も考えられます。また、ディープフェイク技術の進化は、既存の法律や規制を追い越しており、現在のところ、これらの偽画像に対する効果的な連邦レベルの規制は存在しません。

このような背景の中で、テイラー・スウィフトのディープフェイク画像の拡散は、法的な対策やAI技術の倫理的な使用に関する議論を促しています。法律家たちは、このような画像の共有を連邦犯罪とする法案の提出や、AIが非合意の親密な画像を生成するために使用されることに対する警告を行っています。

このニュースは、AI技術の進歩がもたらすポジティブな側面と同時に、潜在的なリスクや倫理的な問題を浮き彫りにしています。AIによるコンテンツ生成がもたらす利便性と創造性の向上は、表現の自由や創作活動の新たな可能性を開く一方で、個人の権利や社会の信頼を損なう悪用のリスクも高めています。このため、技術の発展とともに、プラットフォームの責任、ユーザーの意識、法的な枠組みの整備が急務となっています。

長期的な視点では、AIによるディープフェイクの問題は、技術の進化に伴う社会的な課題の一例に過ぎません。今後もAI技術がさらに発展するにつれて、新たな形のディープフェイクやその他の悪用が出現する可能性があります。そのため、技術の進歩を適切に管理し、倫理的な使用を促進するための国際的な協力や、教育、意識向上の取り組みが重要となるでしょう。

from Fake Explicit Taylor Swift Images Swamp Social Media.

SNSに投稿する

ホーム » AI(人工知能) » AI(人工知能)ニュース » テイラー・スウィフトの偽画像が炎上、AI生成コンテンツの危険性露呈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です