サイバースキャムセンターが年間数十億ドルを騙し取り、国際社会に衝撃

サイバースキャムセンターが年間数十億ドルを騙し取り、国際社会に衝撃 - innovaTopia - (イノベトピア)

Last Updated on 2024-06-12 by admin

カンボジア、ラオス、ミャンマーにあるサイバースキャムセンターは、年間数十億ドルを稼ぎ、世界中の被害者に影響を与えています。これらのセンターは、ロマンス詐欺や長期的な詐欺活動を通じて、脆弱な被害者から資金を盗んでいます。また、中国、インド、フィリピンなどの地域から来た求職者を罠にかけ、強制労働キャンプで詐欺活動を行わせています。過去3年間で、これらの活動により640億ドル以上が横領されたと推定されます。

サイバースキャムセンターは、ミャンマーのミリシャやカンボジアの汚職公務員などから保護を受けています。中国、インドネシア、パキスタン、タイ、ベトナムなどの国々は人身売買の問題に対して警告を発し、キャンプの閉鎖を求めています。中国の法執行機関やシンガポール警察は、サイバースキャムの被害者を特定し、詐欺を防ぐために銀行と協力しています。

サイバースキャムセンターは、暗号通貨取引所を通じて盗まれた資金を受け取っています。特にBinance、Huobi、OKXが最も多くの資金を受け取っています。グローバルな規制当局と法執行機関は、個々の犯罪に焦点を当てるだけでなく、これらの組織の不正行為の入り口となっている合法的な暗号通貨企業にも目を向ける必要があります。

政府と金融機関は、サイバースキャムセンターが盗まれた資金を受け取ることを困難にするために協力する必要があります。金融機関は公的機関との関係を強化し、サイバースキャムセンターに関する情報を共有し、詐欺の被害者を特定して警告する必要があります。また、グローバルな規制当局と法執行機関は、サイバースキャムセンターに関連する組織の戦略や場所についての最新情報を共有する必要があります。

【ニュース解説】

カンボジア、ラオス、ミャンマーに位置するサイバースキャムセンターが、ロマンス詐欺やその他の長期的な詐欺活動を通じて、世界中の脆弱な被害者から年間数十億ドルを騙し取っているという報告があります。これらのセンターは、特にアジア地域からの求職者を騙して雇い入れ、彼らを強制労働キャンプで働かせ、詐欺活動を行わせています。過去3年間で、これらの活動により640億ドル以上が不正に得られたと推定されています。

これらのサイバースキャムセンターは、ミャンマーのミリシャやカンボジアの汚職公務員など、様々な保護を受けており、その活動を継続しています。一方で、中国、インドネシア、パキスタン、タイ、ベトナムなどの国々は、人身売買の問題に対して警告を発し、これらのキャンプの閉鎖を求めています。また、中国の法執行機関やシンガポール警察は、銀行と協力してサイバースキャムの被害者を特定し、詐欺を防ぐための取り組みを行っています。

サイバースキャムセンターは、盗まれた資金を受け取るために暗号通貨取引所を利用しています。特にBinance、Huobi、OKXが最も多くの資金を受け取っていることが明らかになっています。この問題に対処するためには、グローバルな規制当局と法執行機関が、個々の犯罪に焦点を当てるだけでなく、これらの組織の不正行為の入り口となっている合法的な暗号通貨企業にも目を向ける必要があります。

政府と金融機関は、サイバースキャムセンターが盗まれた資金を受け取ることを困難にするために協力する必要があります。金融機関は公的機関との関係を強化し、サイバースキャムセンターに関する情報を共有し、詐欺の被害者を特定して警告する必要があります。また、グローバルな規制当局と法執行機関は、サイバースキャムセンターに関連する組織の戦略や場所についての最新情報を共有する必要があります。

この問題は、単に金銭的な被害だけでなく、人権侵害の側面も含んでいます。強制労働キャンプで働かされる被害者は、自由を奪われ、過酷な条件下で生活を強いられています。このような状況は、国際社会においても深刻な懸念事項となっており、被害者を救出し、これらの犯罪組織を解体するための国際的な協力が急務です。

from Forced-Labor Camps Fuel Billions of Dollars in Cyber Scams.

SNSに投稿する

ホーム » サイバーセキュリティ » サイバーセキュリティニュース » サイバースキャムセンターが年間数十億ドルを騙し取り、国際社会に衝撃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です